カメラそのものや撮影が好きな人が書いているブログですが、知識が豊富であるとか技術が秀逸と言うことは一切ありませんのでご了承願います。 近年は野鳥と戯れるのが好き。 更新・コメントへの返信などスローペースとなっていますのでご了承下さい。 オリンパス好きの跡地
_DSC0461_DxO
毎年恒例の神社へ、今年もアオバヅク(公式に倣います)観察に行きました。


例年このくらいの時期に行くと一番当るので、今年も同じようなものだろうとうかがいますと、境内に立て札があり、今年は7月中旬に巣立ったと。

な、なにぃ〜?やっちまったか!・・・と思いましたが、まだこの神社からは旅立っておりませんでした(^^ゞ

今回はかなり下の枝に雛(というか既に若)x2、親(母?印象的に)の3羽が留まっておりました。


Z6と150-600mm、まともに使うのは今回が初めて。(試写程度では問題なしと)
じっくり撮れるアオバヅクが相手だけに、三脚立てて撮影・・・したのですが、ナニやら様子がおかしな按配です。
↓動画です (重いかもですが状況は確認しやすいかと)
常時プルプルと画面が動いています。

↓静止画です
_DSC0435_DxO
SSは低いですけど、三脚に据えてリモートシャッターでこれはないです。
まぁ恐らくZ6のボディVRとレンズ側OSの相性かなと・・・
純正200-500mmだとまた違った結果が出たのかもしれません。
てかこんなことは起きないでしょうね。

レンズのOSのみ切りますと
↓動画です(ファイルサイズ調整だけしたかったのですが諸般の事情でMP4になってしまいました。動作の確認用ということで・・・)
震えが止まりました(爆)

↓静止画です
_DSC0436_DxO
ピントは奥側です。
SSはほぼ変わりませんが納得です。

しっかりした三脚に据えているので、ブレるなら↓のように被写体ブレになるのが正しいはず。
_DSC0437_DxO

野鳥撮る際にはほぼ三脚必須(腕力的にも歩留まり的にも)としていますので、今後はレンズ側OS/OFFでの運用となりそうです。


その後の撮影結果にても、ボディ内VRのみで十分かなと。(アオバヅクだけでは判断できませんが)
まぁ取り敢えず、今日のところはです。
_DSC0465_DxO

で。
もう一つのイシュー。

実は今般買い戻した150-600mmはテレコンセットだったのですよ。
えぇ・・・?テレ端6.3にテレコンですかぁ????
レフ機の時だったらそも手を出す気にもなりませんでした。

しかしミラーレスだったら別にフアインダー暗かろうが、周辺の明るさと被写体さえ問題なくば使えるシーンはあるんじゃないか。そんな風に思ったのが一つと、まぁセットでゲットした方がリーズナブルなのでというセコい思いが背中を押しました。

しかし正直、テレコンなんかオマケ。面倒だし画質も期待できないし暗くなるしAFかて迷いが増えるやろ?と、入手前はネガティブ要素ばかりがぐるぐるでした。

でもほら開放(EXIFにはF9)でも結構しっかりと!
_DSC0468_DxO

ちょろっと絞ってF10
_DSC0471_DxO
原画を等倍チェックすると若干。若干、シュッとしている印象。
でも開放とさほど違いはないので、感度的/SS的に少しでもネガティブ要素を減らしたいので開放の方が良いのかなと。
まぁ原画でチェックしてその程度の差ですから、恐らくここに上げた程度の画像だと違わないでしょうね。何故上げた(笑)


ただ、今回とても被写体が近いんですわ。
なんで、本来テレコンを使いたくなる状況、被写体が遠いの場合がどうなのかはまだ未知数です。
更に今回は黒いアオバヅクといえど西日で割と明るい状況(でもISOオートではどんどん上がって4桁後半〜5桁でした)なので、今回はホントに状況によっては使えることがわかったよ。ってお話です。

_DSC0528_DxO

被写体近い+850mmなのでトリミングの必要はなく、むしろテレ端じゃない画角の方が使いやすかったりもしましたので、久しぶりの鳥撮りとしては大変楽しかったです。
また、暑さ半端ないお陰で蚊がいなかったのも幸いでした。

_DSC0532_DxO

しかしフルサイズは合焦範囲の配慮が要るなぁと再認識しました。
1枚目も真ん中の子にピンをあわせたのですけど、右の推定母は微妙、左の推定弟(寝てばかりだったので(笑))はすっかりボケてます。

G9+100-400mmならあまり難しく考えないでも撮れた構図だと思います。
_DSC0564_DxO

実のところ、鳥に関してはG9ですごく簡単に撮れる様に感じており、それがよくもあり、悪くもあり・・・
趣味写真の面白味としてはちょっと物足りなさを感じての乗換えでもあります。
ただやっぱり機材は重いなぁと。

難しいですね。(でもそこも楽しい・・・と、今のところ思えます)
_DSC0579_DxO

ついでのお遊びで、24-70mmでも親子を撮ってみました。
_DSC0604_DxO
文字通り70mmなので撮像範囲DX(105mm相当)で真下から腕を突き上げて撮りました。
原画を確認したところ・・・自画自賛ながら、意外とイケてるなぁ。やるなぁZマウントと思いました(^^ゞ
70-200mmのf4を早く出して欲しいなぁと思う次第です。
70-300mmでもイイヨ(笑)

Comments

    • Hiro Clover's comment
    • 2019年08月03日 20:28
    • 静止画だけ見ると、ずっとじっとしてるのかと思っていましたが、動画では結構動いてるんですね。こんなに激しく喉を震わせているのは知りませんでした。動画も撮っとくの良いですね。

      ZマウントはF1.8やF4でも写りに関して妥協してないのが凄いですね。その分価格も上がっているのかなと思いますが、パナのLマウントレンズと比べると安く感じます(笑)

      最近は各メーカーどんなレンズを出したのか追いきれなくなってきました。ニコンは70-200F4まだだったんですね。っていうか、Zマウントは望遠レンズまだでしたっけ?(汗)
    • 時計好き's comment
    • 2019年08月03日 21:28
    • Hiroさんこんばんは。
      喉乾いてるんですかね?ずっとこんなでした(笑)
      カラスとかも、夏の暑いときは口開けてハァハァしてるときありますね。

      動画はたまに録ると面白いです。
      あとで見返してみるとライブ感ありますし。

      で、ニコンは望遠レンズまだ一つも出してません。
      軒並みミラーレスマウントが雨後の竹の子状態ですが、レンズのラインアップは高級路線、単焦点メインのマウントが多いですね。
      それも良いんですが現代のカメラとしてはやっぱりズームレンズで一通り撮れるようにしてほしいです。
      廉価版の高倍率を一つだすだけでユーザーの待たされ感はだいぶ緩和されると思うんですがねぇ。
      キヤノンの方がその辺上手に見えます。

      パナのレンズは高級ですね。確かに。
      でも焦点距離的には良いとこ出してますね。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
オリンパスオンラインストア

オリンパス製品最安はOLYMPUS ONLINESHOP

JobuDesignジンバルヘッド
最近の投稿画像
  • アオバヅク2019
  • アオバヅク2019
  • アオバヅク2019
  • アオバヅク2019
  • アオバヅク2019
  • アオバヅク2019
  • アオバヅク2019
  • アオバヅク2019
  • アオバヅク2019
プロフィール

時計好き

写真好きの時計好きです。
デジタル一眼レフを愛用しています。
下手の横好きを実践しています。

時計好きというHNは機械式時計に憧れていた当時につけたものです。
憧れはRef.1016です。(詳しいわけではありません(^^;)

無意味なTBはきりがないのでIP遮断とさせて頂いております。
巻き添え等と思われる場合は対応しますのでメールにてお知らせください。

メール
Archives
記事検索
Recent Comments
  • ライブドアブログ