カメラそのものや撮影が好きな人が書いているブログですが、知識が豊富であるとか技術が秀逸と言うことは一切ありませんのでご了承願います。 近年は野鳥と戯れるのが好き。 更新・コメントへの返信などスローペースとなっていますのでご了承下さい。 オリンパス好きの跡地
_DSC0587_DxO
すっかり3月も終わり間近となりました。
月一更新も逃しそうになる今日この頃・・・です(^^ゞ

撮影はチョイチョイと行ってたのですけど、現像したらそこで終わっちゃってます。
以前はその都度UPしていましたが。

なので今回は(当面は?)撮り貯めからのまとめて放出が増えるかと・・・(苦笑)
_DSC0580_DxO

D810なんですが、良いカメラですね。
高画素なんてどうなん?と眉間に皺寄せて見てたんですけど、SIGMAの150-600でさえD810と組み合わせるとなんだか1ランクアップしたかのよう。

D750やD850に比べると高感度が。なんていわれますけど、何か問題でも?て思います。
_DSC0448_DxO

D500はやっぱり鳥を撮るには良い選択だと思います。
_DSC3767_DxO

でもやっぱり、レンズを選ぶかなと。
D810と同じレンズを使って、トリミングに頼る率が低いにもかかわらず、精細感はいまひとつトリミング前提のD810に敵わない。
恐らく、36mmフォーマットを基準と考える流れ(レンズメーカーも、カメラのメーカーも)の中ではAPS専用の超望遠レンズって中々難しいのだろうと思いますので、今後も変わらないかな・・・
(それを望むならより良いレンズを買えと)
_DSC3565_DxO

D810+SIGMA150-600mmですら、でかくて重く感じるおじさんです。
つくづくサンデーカメラマンには厳しい世界です。
_DSC3534_DxO

で、結局MFTに出戻ってしまいました。
高感度がーとか、DRがーとか、色々ありますけど軽いは正義。
何だかんだ、専用レンズであることと、このサイズ感は自分にとって良い選択なんじゃないのかなと。

ニコンの機材一式放出しましたので、種銭には余裕がありました。
E-M1M2にサンヨン、12-100PROとかもアリっちゃアリだったのですが、色々考えて出たばっかのパナG9に8-18mm、12-60mm、100-400mmという線に決めました。
出たばかりの200/2.8って選択もあったんですが、テレコン使用って言うのがどうにも嫌で。
換算の800mm以上はマストなので他に選択肢はありませんでした。(この辺がいまだ解決されないMFTの穴だと思います。陣営各社とも、もう埋める気もない穴なのかもしれませんが。)

ちなみにですが50-200mmは三脚座がないのと価格的な部分で当面はないな(意訳:安くなるのを待とう)と思いますが、ここを埋めればかつての使い慣れたズームレンジでやれるなぁと。
麗・・・もといパナライカの3本持ちはサイズ・重さ的に全然ありです。

まー60-100が抜けてますけど12-60mm+100-400mmでも問題ない感じです。
むしろこの、100-400mmってヤツは寄れるし素敵なヤツです。
ただAF後MFがなんか使いにくい。
これはパナボディの問題なのか設定の問題なのか?

マクロは思案中ですがまぁほぼMZD60/2.8を追加することになると思います。(かつてあれだけ色々言ってたのに)

slk

機材との距離感を詰めてるとこではありますが、3200は・・・相手を選ぶ感じですか。
まぁしゃーない。

slk_1

1600はまぁ・・・いけるか?

slk_15
800くらいまで下げれば問題ないですね。
しかし暗部の描写はやはり弱いね。
まーしゃーない。

パナの空間認識AFを体験してみたかったのですが、これは概ね好印象。
まー抜けるときは抜けるし、ビシッと合う時が多いので驚きました。

一番辛いのは今まで使ってたDxOPhotolabがG9非対応ってこと。
SILKYPIXやLightroomなどが早々に対応しているというのになんてこと!
リクエストも出したけど、全然だね。
やる気がないのか?
とりあえずって失礼だけど、SILKYPIXを試用期間中は使わせてもらってます。
今後はDxOの対応次第だけどほんとにどうしよう・・・って感じです。

あと、海外ではG9って名称なんですが、何でか国内ではG9「PRO」
恥ずかしすぎるので当ブログでは単にG9またはDC-G9と表記します(>_<)
MFTボディがG9しかないのでG9の画像はありません。
slk_17

追記
slk_18
奥さんのニコ1(J1)とスレーブフラッシュ1灯で頑張って撮影。
ニューMFT撮影機材一式です。
とってもミニマム(笑)

Comments

    • Hiro Clover's comment
    • 2018年03月25日 21:22
    • ご無沙汰してます。

      ルリビタキ近っ!て感じでスクロールしながら見てたら、ニコンの機材一式放出のところでびっくりしました。てっきり、次はD850かなと思っていたので。

      マイクロではパナもボディ内ブレ補正が強力になってきて、どちらを選んでも後悔はなさそうですね。あとはレンズとのシンクロ補正を、オリ、パナ、足並みを揃えてくれればいいんですが。

      パナの50-200はやっぱちょっと高いですよね。でも、12-60、50-200というのはフォーサーズで馴染んだ焦点距離なので羨ましいです。オリもレンズ内ぶれ補正の望遠PROズームを開発してると思いますが、テレ端200mmで出して欲しいですね。気合入れ過ぎて25万超えとか想像しちゃってちょっと怖いですけど(笑)
    • どこ。's comment
    • 2018年03月25日 21:53
    • Panaも最近、ボディ内手振れ補正と空間認識AFで、
      E-M1Mark2に劣らない性能のようなので、良いチョイスだと思います。
      焦点距離は、12-60、50-200が鉄板レンジだと思いますが、
      メインの被写体を考えると、60-100が無いのもアリですよね。

      やはり、MFTは軽量なシステムってことが大きなメリットですし、
      超望遠域の拡充が出来れば、もっと魅力的なシステムになると思うので、
      今後に期待したいですね。

      とりあえず、おかえりなさい!
    • 時計好き's comment
    • 2018年03月25日 22:17
    • Hiroさん今晩は。

      服部緑地のルリビタキ、去年のお城のオジロくらい愛想が良くて良い感じです。
      重い腰をあげて、撮りに出かけてボウズは疲れ果てますのでどーしても確実なところに通ってしまう私です。多分5回は行ってるかも(笑)

      僕が覚えてる頃のパナよりかは協調が進んだような気がしてますけどユーザーの方々の意見を見ているとまだまだと感じる方が多いようですね。
      ボディぶれ補正を入れてきた点は褒めてあげたいです。

      パナライカは全般に値付けが強気ですね。
      まぁ自信の表れと思わんでもないんですが、相対的に割高感が否めないです。
      やはりZD50-200mmくらいの値段になってくれないと手は出しにくいですね・・・
      あとまぁOISに自信があるのでしょうけど、やっぱり三脚座がないのは望遠レンズとしてはちと印象が良くないです。(使うシーンが少ないとしても)
    • 時計好き's comment
    • 2018年03月25日 22:26
    • どこ。さん今晩は。
      志熊老師にそういっていただけると!(笑)

      空間認識、割と効果を発揮してくれてます。
      ただ、AF関連で電池くいすぎのような気もしています。EVFのフレームレート上げてるのもあるんでしょうけど、あっという間に電池がなくなります。

      此度のマウント出戻りのメインは、G9で使う100-400mmに魅力を感じてのことでしたので、とりあえず超広角(8-18mm)は必要なかったんですけど、やはりこのくらい(10万前後)ならついついセットしちゃうんですよね。
      これが15万を大幅に超えるような感じ(50-200mm)だとちょっと・・・
      まぁ明るさはともかく100-400mmでカバーできるって言うのもありますしねぇ。

      機材のコンパクトさは本当に身にしみます。
      フルサイズでレンズ3本持ちなんて勘弁・・・て思いますもの。
      高倍率ズームはフルサイズにこそ必要なレンズかもしれません。
    • MOTO's comment
    • 2018年03月25日 23:25
    • MFTにお帰りなさい!

      まあ、オリに散々お布施をした経験から
      次は違うメーカー・・の選択もアリですよね。

      私は、LX100とGX7を悩んだクチですが
      LX100を使う限り、発色というか出てくる画に
      パナは違和感は無いという印象です。
      でも、パナライカのレンズなら、パナボディの方が相性、良いかもですね。

      個人的には、100-400mmをCP+で試したかったんですが、見つからず。
      鳥撮影は置いておいて(笑)どうなのか気になるんです。
      なので、鳥以外のUPも希望します♪

    • 時計好き's comment
    • 2018年03月26日 17:27
    • MOTOさんこんにちは。
      特別オリパナに対して思うところがあっての選択ではないんですよ(笑)
      ただこの時期に導入するのにMk2は既に丸々1年経過していて、G9は今年出たばかりというのがまず、一番大きなポイントでした。

      パナライカにはポジティブな印象ありましたし、いずれボディは乗り換えることがあるにせよ、それこそマウントは同じなのでそう無体なことにもなるまいということでじゃあパナで揃えるか。みたいな。

      G9は使い勝手がまだ把握し切れてないのはあるにせよ、若干ちぐはぐな部分も感じます。(断定できるほど使い込んでなし)
      ただまぁD850にせよMark2にせよ、意外と値落ちしないハイエンドが多い中、買って数ヶ月でこの価格下落はなんだかちょっとorzです。orz。

      100-400mmは解像感求めるなら300mmまでとよく目にしましたが、鳥とかじゃなくて花とかならまた違った印象があるかもしれませんね。
      引き出し少ないのでナニですが頑張ってみます(^_^;)
    • かぷち's comment
    • 2018年04月13日 12:26
    • お久しぶりです。
      MFTに交換されたんですね。
      ブログ、久々に拝見させて頂いてびっくりしました。(^^;
      コンパクトで機動性では優れるから、鳥撮りには適してますよね。
      この4本あれば、大概対応できそうですし。(^^♪

      この頃、どこに行ってもMFTのシステムを使ってる人に出会いますし、
      性能的にもレンズの選択肢的にもかなり使いやすくなってますよね。
    • 時計好き's comment
    • 2018年04月13日 16:40
    • かぷちさん今日は。
      ご無沙汰してしまって済みません<m(__)m>

      数年にわたりフルサイズを堪能させてもらいましたが、私にはボケの表現よりも楽に撮れるMFTの方が性にあっているようです(^^ゞ

      フルサイズの良かった部分にまだ、未練もありますし、ニコンも結局はミラーレスに参入するみたいですが、センサーサイズに応じたレンズになるでしょうから、重さに関しては微妙かなぁと。(それにまた、いちから揃え直すのかと思うと・・・)
      なんせ重いデカイには疲れてしまいました。
      αの重さはどんなもんでしょうか?
    • かぷち's comment
    • 2018年04月13日 23:01
    • こんばんは。
      α7、ボディは軽量でいいと思いますが、レンズは全体的に重めなのでバランスはあんまりよくないです。フルサイズ一眼レフよりは軽いんでしょうけどね。
      でも、これはこれで使ってMFTと並行して使って行こうかと思ってます。(^^;

      タイからはブロックがかかっているのか、多くのブログにコメントできないので、
      また拝見だけになっちゃいますが、訪問させてもらいます。(^^♪
      (今は一時帰国してるので。)
    • 時計好き's comment
    • 2018年04月17日 13:11
    • かぷちさん今日は。
      間が空いてすみませんm(_ _)m
      αもやはりレンズは重いですか。
      これはもうフルサイズの宿命なのでしょうね。
      フルサイズならではの表現もありますから気に入ってる方には容認できる部分でしょうか。

      ネットのブロックって中国以外でもあるのですね。
      僕もペースは落ちてますがよろしくお願いしますm(_ _)m

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
オリンパスオンラインストア

オリンパス製品最安はOLYMPUS ONLINESHOP

JobuDesignジンバルヘッド
最近の投稿画像
  • アオバズク親子2018
  • アオバズク親子2018
  • アオバズク親子2018
  • アオバズク親子2018
  • アオバズク親子2018
  • アオバズク親子2018
  • アオバズク親子2018
  • アオバズク親子2018
  • アオバズク親子2018
プロフィール

時計好き

写真好きの時計好きです。
デジタル一眼レフを愛用しています。
下手の横好きを実践しています。

時計好きというHNは機械式時計に憧れていた当時につけたものです。
憧れはRef.1016です。(詳しいわけではありません(^^;)

無意味なTBはきりがないのでIP遮断とさせて頂いております。
巻き添え等と思われる場合は対応しますのでメールにてお知らせください。

メール
Archives
記事検索
Recent Comments
  • ライブドアブログ