カメラそのものや撮影が好きな人が書いているブログですが、知識が豊富であるとか技術が秀逸と言うことは一切ありませんのでご了承願います。 近年は野鳥と戯れるのが好き。 更新・コメントへの返信などスローペースとなっていますのでご了承下さい。 オリンパス好きの跡地
_DSC3049_DxO
あっという間に師走になってしまいました!
相変わらず撮影はしておりません!
でも、カメラを持って出ることは多いので(使う暇はありませんが)撮り貯めた雑多な写真で今月も1記事くらいはと。

少し前、はまってよくやってたHDR風を数枚・・・
_DSC3104_DxO

元々は、数枚のブラケット画像で作っていたHDRも今やカメラ内で作れるような時代で、やっぱりカメラもダイナミックレンジとか進化してるんですね。
_DSC3107_DxO

まぁなんというか、こういうのはソレっぽく見えるくらいわざとらしく作りこむのが楽しいのかなぁと、現像でやってみました。

数年前から使い出したDxOがDxO PhotoLabにバージョンアップしたので色々やってみた次第。
1枚目の空には、ホントは電線が二本写りこんでたのですけども、すーっと撫でるだけのゴミ消しできれいに違和感なく消えました。

しかしまぁ、ソフトでこれだけいろいろ加工できてしまうと、どのカメラで撮ったとか、どのレンズを使ったかなんて関係なくなるというか、面白みがなくなるなぁと思いました。

さて。
_DSC3137_DxO

今日は午後から休みが取れたので、久々に鳥見で野鳥園です。
ニシオジロビタキがいるとのことで行ってきました。

_DSC3185_DxO
あまり出来は良くないのですけど、躍動感があって良いなぁと思った一枚。

野鳥園はあまり相性良くなかったんですが、今回は到着したらあっさり出会えました(^^ゞ
_DSC0120_DxO

愛想もよくて、しばらく居れば、丘の上をぐるぐると飛び回ったり、留まったりで撮影チャンスは大変多かったです。
お城のオジロも愛想が良かったですし、愛想が良いのはこの鳥の性質なのかもしれませんね。

みんなオジロばかりにカメラを向けるのでジョウビタキも警戒心ゼロな感じ。
_DSC0087_DxO

さて。(二度目)
FXをD810に入れ替えました。

3600万画素なんて必要だろうか?という思いしかなかったのですけども、先般ちょっとD750の画像と比較することがありまして、これが思ったより違うんですね。

以前からよく目にしたのはトリミング耐性高いってことでしたが鳥を撮ってもFXで600mmだとちっちゃ!まぁこんなものか・・・というような画像。
_DSC0076_DxO

…を1/4くらいにトリミングしても
_DSC0076_DxO-1

使えるやないかい。な感じ。
レンズも今使ってる程度の(C150-600mm)ものであれば、DXで使うよりも線が細く素敵な感じ。(これはD750とD500の比較でも感じましたが)

こんなんめちゃくちゃや〜というような大トリミングでも・・・
_DSC0061_DxO-1

使えるやないかい。(ブログやったら)な感じ。

ただまぁ、イイトコばかりでもなくてですね、ダイナミックレンジはD750より広い(DxO談)とのことですが・・・
_DSC0099_DxO
これくらいの白とびを補正しても・・・
_DSC0099_DxO-1
諧調が残っていないという・・・

これはちょっと(かなり)がっかりな感じです。
D750のRAWならこれくらいの白とびなら十分に復旧可能な範囲。
てかD500でも大丈夫なレベルだと思います・・・

まぁ後処理に頼らずちゃんと撮れよってことなのでしょうけど。
あと、AFもこういう(野鳥撮り)シーンには向かないことがはっきりとわかりました。
背景に抜けたり、往ったり来たり繰り返し♪デフォーカスして諦めるとこなんか、D610と同レベルではと(^^;
AFに関してはD750もD4譲りって書いてあった気がしますが、D750が完全に勝ってる気がします。

EXPEED4と5の差は意外に(当たり前に?か)大きかった。

まぁこういう部分が解消したのが恐らくD850なのでしょうから、それを買えない人がクダクダ言ってもどうしようもありませんね〜(苦笑)
しかしこのようなダメな点を跳ね除けるトリミング耐性&一枚ヴェールを剥いだような解像感にはとても価値があると感じました。
使ってみてはじめて「皆が言ってるのはこういうことか!」と。

野鳥やりたいなら、ちゃんとした、良いレンズにD500をつけろってことでしょうかね。
150-600mm程度のレンズでは線が太くてやんなっちゃいます。
タムロンかシグマがAPS用の500mm F5.6とか400mm F4とか出してくれないかな〜
ハイエンド単か普及ズームかの二択で真ん中がないんだよね。

Comments

    • かぷち's comment
    • 2017年12月16日 11:03
    • こんにちは。
      こういう冬の鳥ってコロっとしていて可愛らしいですね。
      小さくて、羽を少したたせてるからそういう風に見えるのかも知れませんが。

      お写真、かなりトリミングしてもblogならぜんぜん使えますね。
      でも、ここはいっそう一年のご褒美にハイエンド単で如何ですか。。。(^^;;
    • 時計好き's comment
    • 2017年12月19日 06:17
    • かぷちさんおはようございます。
      ジョウビタキなんかは、出始めの頃はしゅっとしてるのに、旅立つ直前にはコロコロに丸くなっているのですけど、いわれてみるとこのオジロはすでに真ん丸ですね(^^ゞ
      よほど食事情が良いのかな(笑)

      単は自分がどのくらいの焦点距離が好きなのかいまいちピンと来てなくて...
      ズームは錬治にかぎらずテレ端使うことが多いのですが。
      超望遠の単はおいそれと手が出ないですね(^_^;)

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
オリンパスオンラインストア

オリンパス製品最安はOLYMPUS ONLINESHOP

JobuDesignジンバルヘッド
最近の投稿画像
  • GRAND ART FES
  • GRAND ART FES
  • GRAND ART FES
  • GRAND ART FES
  • GRAND ART FES
  • GRAND ART FES
  • GRAND ART FES
  • GRAND ART FES
  • GRAND ART FES
プロフィール

時計好き

写真好きの時計好きです。
デジタル一眼レフを愛用しています。
下手の横好きを実践しています。

時計好きというHNは機械式時計に憧れていた当時につけたものです。
憧れはRef.1016です。(詳しいわけではありません(^^;)

無意味なTBはきりがないのでIP遮断とさせて頂いております。
巻き添え等と思われる場合は対応しますのでメールにてお知らせください。

メール
Archives
記事検索
Recent Comments
  • ライブドアブログ