カメラそのものや撮影が好きな人が書いているブログですが、知識が豊富であるとか技術が秀逸と言うことは一切ありませんのでご了承願います。 近年は野鳥と戯れるのが好き。 更新・コメントへの返信などスローペースとなっていますのでご了承下さい。 オリンパス好きの跡地
_DSC1530_DxO
あっという間に五月も終わりそうな勢い。
月日早ぇ〜。早ぇよ・・・と、感じつつ日々過ごしております。


梅田界隈をうろついていると、ボチボチ綺麗な紫陽花を目にするようになり、近場の紫陽花撮影に公園へ。
RAW撮りDxOのスマートフォン低感度という謎なプリセットが紫陽花に似合う様な気がして、紫陽花は殆どそのプリセットで現像してます。(その他の画像は適宜)
_DSC1534_DxO

今日の相棒カメラはD750に60mm Micro
60mmでもF2.8って意外にボケるんやなと実感。
_DSC1537_DxO

このレンズはNikon導入間もなく買ったわけですが、当時併用してたオリンパスの方がマクロは使いやすかったとか、ボケの感じがあまり好きじゃないとか色んな理由であまり使ってなかったんですね。
・・・っていうか他の単焦点もあまり使ってないんですけど(汗)
_DSC1483_DxO

でもまぁせっかくの寄れる標準レンズだし、使えるようにならんきゃ勿体無いなぁと思い、持ち出したわけです。
一本しかレンズ持ってなきゃ、持ってるレンズでどうにかするしかなく、今日は久々に被写体と格闘した気持ちになりました。(出来栄え自体には言及せんでくだせぇ・・・)

_DSC1509_DxO

被写体とおして、写真っちゅうもんをちょっと考えるとですね、好きとか嫌いとか通り越して、花とか葉っぱというのは良い被写体なんですね。
文句言わず、肖像権なんて考える必要もなくなんぼでも撮らせてくれ、しかもそれなり(はたまた何となく?)に意味がある写真になってくれるんですからありがたいです。
そんなことを感じました。

それと自分が撮る写真は究極の自己満足だなぁとかも再認識したりして。

_DSC1524_DxO

人様に見せてどうこうしようって気があまりないんでしょうね(笑)
撮る過程なり、現像する過程なりで、一定の満足感が得られればそれで満足するのです。
なので私のブログはギャラリーではなくてアルバムのようなものなんだろうなと。

何十年かあとにそっと見返して恥ずかしかったりはするかもしれないけど、まぁそれも良し。

_DSC1527_DxO

撮ってるとき、今更気がついたんだけど、デジタル一眼レフってやつは難しいです。
ミラーレス(E-M1)にはライブプレビューって機能があって、それをONにしときゃ〜いわゆる実絞りの画像がEVFに表示されるんですね。
EVFのメリットでファインダーが暗くなることもないし。
なんで、ボケ感等については見たとおりに写せると言って良いでしょう。

デジタル一眼レフにも絞込みボタンはあるので、撮る前に深度やボケ感の確認はできるものの、まぁ使い難いですわな(実絞りじゃファインダーが暗くなる、プレビューしながらAFできん等)。

_DSC1576_DxO

要するに、レンズ焦点距離や絞り効果の公式がある程度頭に入ってないと思った画を作り辛いと。
きっとフィルムの頃からやってる人には普通の感覚なのだろうけど、生粋のデジタル世代である私にはこの辺の蓄積が全くないので難しく感じる(実際難しい)のであろう。

とはいえ、撮って直ぐ、背面液晶で確認できるデジタルなのだから、思った画でないのなら、そうなるまで撮影→修正を繰り返せば済む話で、それをしないのは撮る人の問題。
・・・なのだけど面倒なんだよなぁ・・・って言ってるようでは趣味にすらなってないか(^^ゞ

_DSC1584_DxO-1

結論は出てないけど今日はいろいろ考えた撮影でした。

Comments

    • MOTO's comment
    • 2017年06月28日 22:55
    • E-5を手放した時おもったんですけど
      寄る年波には抗えず、EVFになれちゃうと
      ペンタプリズムを通して見るのって、だんだん辛くなっちゃったんですよねえ。
      たぶん、いまはもっとムリだと思います。
      メガネからコンタクトにすると余計近く見えないもん。

      私も同様、20万画素時代からのデジカメ世代ですので
      フィルム時代からカメラに慣れている方には「敵わない」と思う事しきり。
      やはりコストを掛けてやっていた体感が身についているんでしょうね。

    • 時計好き's comment
    • 2017年07月03日 20:41
    • あー、それいま、実感してます(苦笑)
      っていうかね、オリンパスがミラーレスに舵切ったとき、こぞって馬鹿にしてた(様に感じられた)キヤノンやニコンが今、まさにミラーレスへの対応に迫られてて、ユーザーにもフルサイズミラーレスの待望論とか・・・なんなんだろうねと(^^;

      今使ってますニコンの(一応)最新DSLRにしたって、LVでのAF速度なんて、それこそE510の時代ですよ。遅っそ!みたいな。(キヤノンはもっと先にいってるみたいですが。)
      手ぶれ補正にしても、間違いなくオリンパスの方が強力ですね。
      なんせレンズに依存しないのはやっぱり良いなぁと思います。

      モデルチェンジ〜買い替えの自転車操業に疲れたというのもオリンパス離れの要因でしたけども、最近はニコンの方がモデルチェンジ早くない?って感じですし・・・

      無論、ニコンにも良い部分は有りますからこれはこれで楽しくもあるのです。
      良くも悪くも、簡単に良い写真は撮らせてもらえない感じが良いんだよ・・・とか?
      何よりレンズの選択肢が多いのは嬉しいです。(純正至上主義はオリンパスに劣らずです)

      フルサイズを中心にすえてるメーカーって言うのは、やっぱりフィルム時代からの人たちが支えてるんだろうなというのは大いに感じます。カメラも撮影の知識がある前提で造ってあるような感じ。
      オリンパスはすごく敷居を下げてあると思います。
      ※馬鹿にしてるのではないですよ念のため

      僕は撮り方に薀蓄があるわけでもなくて、撮った画像見て設定変えてっていうのがもう、デジタル流なんだろうなと。
      家に帰ってみて、すごい失敗写真があると、とてもがっかりすることもあるのです。
      なので今、十数年前の振り出しに戻った気分です(笑)
    • MOTO's comment
    • 2017年07月04日 22:34
    • あーEVFで、見てるハズなのに、凄い失敗写真、相変わらずありますよ(^_^;)
      自宅に帰って見たら、撮影直後に見てるはずなのに、実はフォーカス外しちゃってるとか(´ヘ`;)

      今回のE-M1 Mark兇砲蓮概ね満足しています。ようやくここまで来たかなと。
      さらに、12-100mmPROというレンズは、C国でここまで作れる様に
      日本人技術者が頑張ったんだなあという実感。

      オリは開発周期を延ばすという噂とE-M1は3年使った事もあり
      コストはとんとんかなと、延長保証を契約しました。

      戻って来ませんよね、オリにw?
    • 時計好き's comment
    • 2017年07月06日 23:08
    • ん。まーそれもまた勉強でしょうか(^^ゞ
      ちいさい背面液晶で見る限界でしょうか、あるいは撮影に集中しているからそれはありますよね。
      撮影はテンポが大事のような気もしますし。

      オリンパスはほんとに機材の寿命延びましたね。
      ちょっと他社比古さが目立ち始めたか?ってタイミングでのMark2投入でしたし、FWの更新を売りにしてもいるので、3-4年は安泰かなって思います。
      まぁどっかで見たようにセンサーの更新タイミングが次期モデルの発表タイミングなんでしょうね。

      しかしまぁ、今にして思うとオリンパスを離れたタイミング、あんまり良くなかったなと思います。
      新境地でまだ何も成しえていないので今はそういう気持ちではないですが、拒絶する気持ちもないですし(というかZDは好きだし)縁があれば・・・と今は思ってます。
      面倒見の良い先輩のようなお言葉に感謝しています<m(__)m>

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
オリンパスオンラインストア

オリンパス製品最安はOLYMPUS ONLINESHOP

JobuDesignジンバルヘッド
最近の投稿画像
  • プロテクター
  • プロテクター
  • 標準ズーム
  • 標準ズーム
  • 標準ズーム
  • 標準ズーム
  • 標準ズーム
  • 超広角
  • 超広角
筆者プロフィール
Archives
記事検索
Recent Comments



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
人気ブログランキングへ



  • ライブドアブログ