カメラそのものや撮影が好きな人が書いているブログですが、知識が豊富であるとか技術が秀逸と言うことは一切ありませんのでご了承願います。 近年は野鳥と戯れるのが好き。 更新・コメントへの返信などスローペースとなっていますのでご了承下さい。 オリンパス好きの跡地
_DSC2237_DxO
天保山周辺に昨年?だったかオープンしたGLION MUSEUMへようやくいけました。

ずっと塩漬けでもったいないなぁと思っていた築港赤レンガ倉庫。
これをクラシックカーの会社が使うらしいと言う話は随分前からありました。
しかし実態として工事はなかなか進まずどうしたもんだろうなぁ?と思ってました。

あ、下のエアロストリームが入場チケット販売所です。
入場料は1500円で、館内のカフェやミュージアムショップで500円として利用可能なコインをもらえますので、まぁ実質1000円の入場料と言うことになります。
利用者は駐車場も使える(台数はそう多くない)ので、車で来る場合にはそれほど割高感はないと思います。
_DSC1688_DxO

煉瓦倉庫沿いにクラシックカーをとめた夜景のイメージ写真を見ていたので、いいな〜と思ってたのですけど、近いし何時でも行けるなどと考え、行きそびれていました。

ちなみに施設の外から写真撮るのは入場料払わなくても良いみたいですが、この煉瓦倉庫のあるエリアは既にミュージアム内なので、まともに撮影したいなら入場をお薦めします。

_DSC1695_DxO

クラシックカーはてんで分からない世界なのですが、そんな私もロールスロイスは知ってます。
_DSC1706_DxO

所々に外灯も設置されていて、やはり夜の方が撮影は楽しそう・・・
_DSC1698_DxO
なのですが、フラッシュ(はどうでもいいとして)三脚もダメ(ミュージアム内だけなのかな?外周は未確認です)との事なので明るいレンズか高感度ボディは必須のようです。

_DSC1721_DxO
クラシックカーと煉瓦の建物は似合いますね〜

場内に何か置いてあるので近寄ってみたらアメリカのタバコの自販機でした。
_DSC1734_DxO
雰囲気あるディスプレイですね〜(^^ゞ
ミュージアム内のエアコンも、倉庫の雰囲気に合うように錆びた鉄の機械風の塗装がされており、よく考えられてるなぁと思いました。

あまりにも膨大な枚数を撮ってしまったので今回は建物外周の写真のみです。
中で撮ったものはおいおい記事にしていこうかと思ってます。

_DSC1752_DxO

ミュージアムとは別に、ショールーム(所謂販売車の展示部屋)も、アンケートを記入すると入場できるそうですが、展示車は売り物のため撮影はNGとのことでした。

ショールームに展示してある車以外は撮っても問題なさそうでしたので、撮影目的で行っても間違えることはないと思います。

_DSC2152_DxO

それにしても夜の風景も撮ってみたいなぁ。
入館21:30、最終は22:00とのことで、時間的には余裕ありそうですから、いつか行こうかな。(って書いちゃうと経験上絶対行けないんだけど・・・)
_DSC2151_DxO

ミュージアム内はそれこそ何時間でもいれるくらいたくさんのクラシックカーが展示されていて、車撮る機会がほとんどない私は集中してしまって、2時間くらい撮影していたようです。

所用で呼び戻されなければまだ撮影していたかも・・・行く前は1500円高いなって思ってましたけど、十分に元が取れました(笑)

あ、ミュージアム内は結構ぱつんぱつんに車が並べてありますので、画角的にはギリギリですが28mmがベストのように思いました。

24mmだともうちょっと余裕があるのでしょうけど結構パースがついちゃうと思います。
比較的穏やかな28mmって切り取るにせよ、車全体を撮るにせよ、ちょうど良い感じでした。
70mmは使える場所と使えない場所がある感じですね。

館内は大変暗いので、VC効きまくりだったのでしょう。
D750買って以来始めてバッテリーが切れる直前まで減りました。
_DSC2211_DxO

近頃、鳥の写真ばかり撮ってましたので、たまに変わったものを撮ると楽しいですね〜

一眼始める前は、友人知人の車などちょくちょく撮っていたのですけど、一眼始めてからだんだんと風景にいって、イベント的撮影(アヒル隊長とか、船とか、何らかのイベントの記録撮影って意味です)にいって、その後鳥にはまって、車なんて全然撮る気持ちもなくなってました。

_DSC2223_DxO

まぁ自分が乗ってる車一台しか持ってないのが普通でしょうし、そんな良いロケーションで生活してるわけでもないので車の撮影し続けるモチベーションなんてなかなか維持できませんよね(^^;

今回は良いきっかけでした。
これで車の撮影に目覚めたってわけではありませんが、色々撮る楽しみを思い出すきっかけ?

_DSC2225_DxO

ちなみに・・・
撮影した車の九分九厘はメーカーも車名も分かりません(汗)
でも楽しかった♪

_DSC2231_DxO

撮影がひと段落して、喉が渇いたので併設のカフェでドリンクを(もらったコインで)頂きました。

雰囲気を大切にされているミュージアムですし、併設のステーキハウスもカフェもオシャレな感じでドレスコードあるんじゃないのかなぁ・・・と恐る恐る入りましたけど、ユニクロジャケット・スニーカー履きでも大丈夫でした。
平日で人が少なかったからかなぁ(^^;

_DSC2235_DxO

Comments

    • MOTO's comment
    • 2016年02月20日 00:22
    • おお、横浜赤レンガの前に、お台場ヒストリーガレージが合体な感じ(爆)。
      でも、ここは屋外なんですよね?
      雨とか野ざらしになったあとの、拭きふきが大変そうで、苦労が忍ばれます。

      トヨタお台場のあそこは、ワタクシの定点観測地点。
      レンズを買うと、試写に行く感じですが、
      古い車は、板金が綺麗で、単焦点向きな被写体だといつも思います。

      ただ・・ブログ(URL参照)にも書いてますが、C国観光客が多いのと
      お台場ガンダムが立ってる、ダイバーシティとの連絡口になってしまいました。
      静かな雰囲気が台無しにしてくれたので、アホだなあと、改悪したヤツを呪ってる次第です。
    • MOTO's comment
    • 2016年02月20日 00:27
    • あ、遅れて、リンク先拝見しました。
      ここには、室内もあるんですね。
      見れば見るほど、お台場とソックリ。
      ただし、トヨタ2000GTが2台もなんて、素敵すぎるっ。

      ということで、台場の話ばかり書いて恐縮ですが
      是非、クラシックカーは、単焦点・開放での撮影をお奨めします、です。
    • 時計好き's comment
    • 2016年02月20日 20:30
    • MOTOさんこんばんは。
      台場の施設と雰囲気は似ておりますね〜
      ただ、ここの場合は我々世代にはあまり馴染みがないほど年代の古いクラシックカー展示が多いので、方向性が微妙にずれているのと、一台あたりのスペースが狭いので、一台一情景として切り取るのはちょっと難しいなと感じられます。

      屋外展示車は毎日かどうかわからないのですけど、この日も二台は洗車中に出くわしたので手間はかけてると思いました。

      で、展示車両の目玉はやっぱり二台の2000GTかな〜
      一台はいわゆるノーマルなんですが、もう一台がレーシングタイプなのか好事家がカスタムした車両なのか、フェンダーにエラがあったり、微妙にブリスター化されていたりと、しびぃんですよ。

      まぁ純正至上主義の方からみるととんでもない事なのかもしれませんが(笑)
      こちらは次回にでもと思ってますのでご覧ください。

      単焦点は28mmを持参したのですが開放だと例えば右側から撮ると左側がボケてしまうのでちょっと使いづらいですね。
      マイクロフォーサーズの12mm f2のボケぐあいを知らないのですが、マイクロフォーサーズの方がボケすぎず使いやすいかもしれません。
      相手は動きませんしね。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
オリンパスオンラインストア

オリンパス製品最安はOLYMPUS ONLINESHOP

JobuDesignジンバルヘッド
最近の投稿画像
  • プロテクター
  • プロテクター
  • 標準ズーム
  • 標準ズーム
  • 標準ズーム
  • 標準ズーム
  • 標準ズーム
  • 超広角
  • 超広角
筆者プロフィール
Archives
記事検索
Recent Comments



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
人気ブログランキングへ



  • ライブドアブログ