カメラそのものや撮影が好きな人が書いているブログですが、知識が豊富であるとか技術が秀逸と言うことは一切ありませんのでご了承願います。 近年は野鳥と戯れるのが好き。 更新・コメントへの返信などスローペースとなっていますのでご了承下さい。 オリンパス好きの跡地
 _1240077_DxO
ルリビタキを狙いに服部緑地へ遠征。
知らないところだと出そうな場所も分からず当てもなく「らしい」ところを歩いていると、ミソサザイが出るらしきポイントに偶然到着。

暫く(かなり)ねばったのですけど結局ミソサザイには出会えず、シロハラ祭り状態。
_1240112_DxO

仕方なくそのまま園内を周回。
異常な寒波のおかげで手が凍える・・・
_1240180_DxO
しかし愛想の良いジョウビタキや

あまり愛想は良くなかったですがアオジにヤマガラと凍えるような思いをした甲斐はあったように思います。
_1240217_DxO

_1240279_DxO

逆光でしたがちょっと綺麗に撮れた気がするのでヒヨもおまけです。
_1240250_DxO

撮影場所に関らず、写真は鳥中心となってしまうので、どこで撮影しようがあまり違いが見受けられないのは残念なことです(笑)

タイトルの内容はここからです。


以前は撮影の際RAW+JPEGで記録していましたが、現像自体も撮影の楽しみと考えるようになってからはRAWのみで記録し、後刻ソフトを使って現像しています。

オリンパスやニコン純正の現像ソフトは提供されているのですが、基本的にカメラ設定と同程度プラスアルファのパラメータしか変更できず、もう一歩踏み込んだ現像をしたいと思うと少し物足りなさを感じるので舐めた程度にしか使っていません。

こうなると現像ソフトにも興味がわいてきて、SILKYPIXから始まり、Lightroom、DxO Optics Pro10へと変遷してきました。

SILKYPIX DSP6(最新版は7。以下DSPと省略)が一番長く使っていて、確か4とかその辺りから使っているような・・・とにかくE-510の頃から使ってます。

操作が手軽で初心者が変化を楽しむには便利だったのですが、なんというか色使いが今風な気がして(物足りなさを感じて)、Lightroomへ移行しました。

PCの性能要求度も比較的穏やかで、立ち上がりも早く古いPCでも比較的良く動きます。
RAWの対応は早いですがバージョンアップ後の更新はされません。
古いカメラのRAWにはよく対応している様な気がします。(古いカメラのRAWで使えなかったことがない)
silkyp

DSP6による適当現像
20160110-006_1

Lightroom4.4(最新版は6?以下Lrと省略)はとっつき難く、いまだに使いこなしがよく分からない部分もあるのですが、視覚的に変化を確認しながら使う分には、変更できる項目も多く、満足度は高いように感じます。

部分的な補正にも長けており「ここだけ少し明るくしたい」とか「ここだけノイズ消しを強めに」といった小回りも効くのでちょっと変化が欲しいという中級者〜上級者まで満足できると思います。

ただトリミングの際に選択範囲のサイズ(数値)が表示されないなど、よく理解できない仕様もあります。
SILKYPIXにくらべると動作はグンと重くなり、古いPCでの動作には時間がかかりストレスを感じます。
RAWの対応はSILKYPIXより遅めでバージョンアップ後の更新はされませんが、バージョンアップ以前の古いカメラのRAWは対応しているケースもあります。
カメラレンズのプロファイルにも対応していたと思います。(もううろ覚えですが)

別途DNGコンバーターでRAWをadobe準拠のDNGというRAWファイルに変換することで、旧バージョンを使い続けることは可能ですが、DNGコンバーターの更新が保証されているわけではないのだろうと思います。
lr44

Hiroさん設定を元に変更を加えてLr4.4による現像
20160110-006

DxO Optics Pro10(最新版)
日ごろ機材の比較等にDxO Markをよく利用していることもあって、興味本位で入れてみたソフト。

一番の売りはカメラボディとレンズの組み合わせごとに光学補正プロファイルが提供されることです。
以前はオリンパスは相手にされていなかったようですが、最近の機種についてはちゃんとプロファイルが提供されるようになっています。
対応の撮影機材を使っている場合は特に難しい設定をせずに基本的な補正をしてくれるのがメリット。
逆に対応が遅れている機材を使っている場合は普通の使い勝手です。(商用撮影してるわけじゃないので別に困りはしない)

特に操作しないでも、DxO標準プロファイルが適用されてしまうので、ちょっと邪魔くさいこともあります。
標準でノイズ消しが強い設定なのもやや不満。
機種・感度に関らずノイズ量40/100、ノイズ消し100/100の設定になってます。
どんだけノイズ嫌いなのか。

ただ撮影時のデータ表示(サムネイル下)は一番見やすいと思う。

RAWの対応はちょっと分かりませんが、レンズプロファイルの提供は遅れることも。
古いカメラのRAWは対応していないし多分する気もない。
dxoop

Lrでの結果(Jpeg)を参考にして解像感重視(目指して)DxOで現像
20160110-006_DxO

WB4945K 色相-21
露出補正-0.82
DxOSmartLighting(弱)25
トーン補正0
ハイライト19
中間トーン13
シャドウ13
ブラック15
コントラスト22
マイクロコントラスト41
ノイズ除去
輝度ノイズ18
カラーノイズ5
低周波6
デッドピクセル6
色収差AUTO
アンシャープマスク
強さ150
半径0.87
しきい値4
エッジオフセット26

こちらが前回UPしたシャープネス&コントラスト弱めの画像
20160110-006_DxO

まぁ物足りなさも残りますが、今回の設定の方が若干しゃきっと。精細感も出た様に感じられます。
同じRAWから現像してもらった人の画って一種のベンチマークになるというか違いを見る勉強になりますね。
Hiroさんにはお手数をお掛けしました<m(__)m>

いずれもWBの数値はあわせたのですが、DSPだけ仕上がりの色目が全然違って青い・・・(^^;
___________________

こうやって各ソフトでパラメータを弄りながら現像し比べたのは実は初めてのことで、いつもは適当に(画面を見ながら)現像していました。

DxOでの現像で、いまひとつ解像感に乏しいと感じていた理由は、アンシャープやコントラストをLrで現像していた頃よりも、かなり控えめに使っていたからだと気づきました。(DxOではアンシャープ80-130くらい、コントラストは-20〜+20の範囲)

ソフトを乗り換えるたびに感じているのですが、各社それぞれのパラメーターの数値範囲がアバウトなんです。
WBはケルビン数という基準があるので同じはずですが、好みを反映する数値?
たとえばDxOのアンシャープは-100〜500になっていますがこれがLr4.4だとシャープの値が0〜150の数値になっています。

Lrでは現像時にシャープの掛かり具合?を目的によって選択するという二段構え。

同じソフトをバージョンアップしながら使っていれば、勘が狂うことも少ないと思いますが、私のように色んなソフトを渡り歩くとその都度ゼロからの調整または以前使っていたソフトで仕上げた画像を元に勘を再構築する作業が必要になるのだと思います。

で、今回の頭に貼った鳥の写真は、今回の経験を活かした基本設定で現像してみました。
やややりすぎの感もありますが、自分的には従来より少し解像感が出て満足しております。

ちょっとトゲトゲ感も了解しておりますので、今後はその辺りの落としどころを探っていこうと考えておりますが、とりあえず最初はこんなところでご容赦いただきたく<m(__)m>

Comments

    • Hiro Clover's comment
    • 2016年01月25日 23:18
    • 胸のあたりの毛もシャキッと解像してていい感じですね。(^_^)

      E-M5の時にJPEGやOV2の現像結果と動作速度に不満が出て、その時にRAW現像ソフトを導入しましたが、オリンパス特有の線の太さというか、輪郭強調が取れて、自分好みの線の細さを出せたので、LRには満足しています。

      DxOは使ったこと無いんですが、各パラメータを見ても使ってないと解らないようなものがあったりして、どんな効果があるんだろうと興味が湧いてきます。(^_^)

      服部緑地はまだ行った事ないんですが、知らない場所で野鳥に偶然出会えると嬉しさ倍増ですね♪
      そういえば、最近ヒヨドリを近くで見てないなぁ。
    • 時計好き's comment
    • 2016年01月26日 00:36
    • Hiroさんこんばんは。
      だいぶ強いディテール起こしをしないといけないのがわかったので助かりました。
      あとは何処までやるのか落としどころ探すだけですね〜

      Lightroomは使いやすいですね。
      最初取っ付きにくかったですけど一番かゆいところに手が届く感じです。
      結局今6でしたっけ?パッケージ版出たんですよね?今後アドビはCCにするんだろうなと思ってて、勝手に毎月課金ってすごく嫌だったので他所に行ったのですけど、買い切りできるなら別にLrでいいかなと。

      でもせっかくDxO買ったので、次のどっちかのアップデートの都合かな…

      DxOはノイズを潰すの大好きなので、商業的な使い方とか、ストックフォトされる方なんかに向いてる気がしますね。
      シャッターストックを一時やりましたがとにかくノイズとWBにうるさいので…

      お城のオジロはどうせしばらく居るんだろうと思ってましたが行方不明みたいですね。
      トラツグミが入ってきたりなんだかこの週末の寒波の影響かなぁ?
      旅立ったなら良いのですけどどこかで落鳥なんて嫌だな〜
      あ。ヒヨドリは全然いますので梅が咲いたら花粉だらけの顔を見られるんじゃないでしょうか(^^ゞ

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
オリンパスオンラインストア

オリンパス製品最安はOLYMPUS ONLINESHOP

JobuDesignジンバルヘッド
最近の投稿画像
  • 雨ふり
  • 雨ふり
  • 雨ふり
  • 雨ふり
  • 雨ふり
  • 雨ふり
  • 雨ふり
  • 雨ふり
  • 雨ふり
プロフィール

時計好き

写真好きの時計好きです。
デジタル一眼レフを愛用しています。
下手の横好きを実践しています。

時計好きというHNは機械式時計に憧れていた当時につけたものです。
憧れはRef.1016です。(詳しいわけではありません(^^;)

無意味なTBはきりがないのでIP遮断とさせて頂いております。
巻き添え等と思われる場合は対応しますのでメールにてお知らせください。

メール
Archives
記事検索
Recent Comments
  • ライブドアブログ