カメラそのものや撮影が好きな人が書いているブログですが、知識が豊富であるとか技術が秀逸と言うことは一切ありませんのでご了承願います。 近年は野鳥と戯れるのが好き。 更新・コメントへの返信などスローペースとなっていますのでご了承下さい。 オリンパス好きの跡地
_DSC9998_DxO
あそこに行きたい、ここも行きたい。
今から行こうかな?・・・時間が半端だし来週行こう・・・
なんて理屈をこねてるうちにすっかり行く機会を逃し、もう今年は(も)近場で済ませよう。
そんな感じですが一応紅葉狩りへ。


今年は色づきなく、枯れ落ちて終了では?
そんな風にも思いましたけど、一応それらしき色合いにはなったようです。
_DSC9994_DxO

この日の相棒はD750と60マイクロだけ。
_DSC9972_DxO
60マイクロはニコンでは評判の良いレンズなのですけど、ボケきらないくらいの距離感だとちょっとうるさい様な気がします。

マクロだからボケ感重視ではないのかな?
_DSC9962_DxO

単焦点一本きりだと物足りなさも感じちゃったりして(自分の工夫は棚上げ)
↓一枚だけ18-35mmのが混じってました。
_DSC9890_DxO

クヌギ(だと思います)の黄色にカエデの赤がゴージャスな感じ!
陽が傾く頃が、やっぱり良いですね。紅葉狩り。
_DSC0089_DxO

そういえば、数日前にニホンザルがアメリカ村でつかまったニュースが流れていましたが、このニホンザルの足取りを追ったニュースがありまして、それによるとどうやら高槻の方(京都よりの郊外)からだんだん南に下ってきて、港区(海遊館とかある区です)辺りでも目撃され、その後大阪ドームや湊町リバープレイスを経て、アメリカ村へと移動したようです。

_DSC0069_DxO

なぜ判るんだ?と思いましたが、どうやらネットなどで猿を見たという写真をUPされてる方に取材して、裏づけを取って構成したようで、久しぶりにまともに取材した番組を見た気がしました(^^;

まぁ近頃は誰でも携帯持ってて、あっと思ったら直ぐに写真を撮れますから、こういう証拠が転々と残ったのでしょう。

デジカメのデータには撮影日時とか、場合によっては位置情報まで残るわけですから、故意に情報操作しない限りは信憑性の高いデータになります。

目撃場所を時系列に並べ替え、点を繋いで足取りをたどれた。
まさに現代的な調査ですね。

_DSC0058_DxO

高槻の猿とした理由は、箕面の猿担当の方が、全ての猿の顔を判別できる(これもびっくり)とのことで、今回の猿は箕面の猿ではないということでしたので、近隣で野生の猿が確認されている場所が高槻〜亀岡辺りしかないということから高槻から来たのではという予想でした。

しかしこのお猿、保護された数日後に保護施設で身罷ったそうです。

高槻から港区を経由して最終的にアメリカ村。
として直線距離で3-40kmほど移動したのだろうと思いますが、おそらく生息地との環境はめちゃくちゃ違うでしょうし、原因は不明とのことですがストレスや疲労など色んな理由があったのでしょう。
せめて通過点が大阪城公園とか?だったら少しは長生きできたのかなと思います。

_DSC0043_DxO

しかし今回の件で調べてみると、今年に入ってから大阪府下で猿の目撃や人を襲ったという情報がちらほらと見られたのに少し驚きました。

申年を前に猿の躍進が始まったのでしょうか?
ちょっと怖いです(^^;

_DSC9953_DxO

Comments

    • lulu's comment
    • 2015年12月08日 19:13
    • 小生も近場で紅葉見に行きました。
      12/2.0、20/1.7、45-175/4-5.6の三本がお供。
      45-175/4-5.6の写りにはチトビックリ。レンズらしからぬ、家電のようなデザインには閉口ですが。手振れもよく効くし・・・。これで2.0万円!
      このコンセプトで200-500/4-5.6作ってくれないかな。パナソニックでもオリンパスでもシグマでも。
    • nokko's comment
    • 2015年12月08日 20:34
    • 初めまして〜。

      オリンパスを使ってらっしゃるのですね、私は最近歳のせいでcanonの一眼が
      重くなりオリンパスのミラーレス一眼にしました。
      鳥をとられるんですね〜、難しいでしょうね・・まずは鳥さんとの出会いがね(*^^*)

      箕面に住んでますが、時々山のサルが家の近辺をウロウロしてますよ
      箕面のサルの警備員さんと言うか、世話されてる方にはどのサルも懐いていますよ
      それにおサルさんもよくいう事を聞きます、信頼関係があるんだなぁって思います。
    • 時計好き's comment
    • 2015年12月09日 11:33
    • luluさんこんにちは。
      45-175mm良い感じでしたか。
      僕は結局1年少々で手放してしまいましたが理由の一つにZDの40-150mmの存在がありました。
      それほど肩肘張って使うレンズではないので、アダプター経由の40-150でもいいかなと思ったのです。
      特段不便があったわけではなかった(いや・・・電動ズームはやっぱり違和感あったかな(^^;)のですけど当時はフォーサーズとの併用ということもありましたし、考えてみると我が家では不遇な時期に買ってしまったのかなぁと。

      MFTに舵きりしたいま、買いなおしても良いのかなと思ってます。
      我ながら、いちいち遠回りしてるな(笑)
    • 時計好き's comment
    • 2015年12月09日 11:43
    • nokkoさんはじめまして。コメント有難うございます<m(__)m>

      以前はオリンパス一筋でしたが、一眼レフをやめたことに腹を立てて、片足だけ残してニコンに家出しましたが今はまた、体半分ほど戻しています(^^;

      鳥を撮る趣味は全然なかったのですけど、野鳥の会の鳥見に参加して、青い鳥(ルリビタキ)を見たことをきっかけにずるずるとはまっております。
      仰るとおり相手は野生の生き物ですのでまずは出会い・・・ですね(^^ゞ
      でも慣れてくると目が見つけられるようになりますよ♪

      箕面の猿は一時期怖かったですけど、人と住み分けができるようになってからよくなったようですね。
      嵐山のモンキーパークに行ってみて、観光客が自分本位で餌など与えたことが原因なんだろうなと今では理解できます。
      箕面もお猿専門の方が常駐して、観光客を適切に指導でき、訪れる方も大人になれるなら、共存できるような気がいたします。

      でも自由人が多い大阪ですから難しいでしょうね(笑)
    • Hiro Clover's comment
    • 2015年12月09日 21:14
    • 今年見た紅葉は、家のベランダで育てているカエデが一番赤くて綺麗だったというオチでした(笑)
      写真撮ってブログに載せようかな。(^_^;)

      ニコンの60mmマイクロ、背景の距離によってはグルグルした感じのボケでしょうか。
      パナの35-100mmF2.8が似たようなボケ方でした。
      ニコンのレンズといえば、24mm f/1.8GのDxOMarkのスコアが凄く高いですね。

      http://digicame-info.com/2015/12/dxomarkaf-s-24mm-f18g.html

      純正レンズの中では比較的価格が抑えられたレンズですけど、迷ってるフルサイズ、もしニコンにしたら使ってみたいですね。
      オリが12mmF1.2とか出したら多分そっち買いますけど(笑)

      アメリカ村で捕まったお猿、最後死んじゃったというのが悲しいですね。
      麻酔が悪かったのかなぁ。(>_<)
    • lulu's comment
    • 2015年12月10日 04:21
    • 45-175/4-5.6のパワーズームは違和感があります。手動でも結局モーターくどうなんでしょうね。気持ち悪いです。ただコスパと写りが案外いいです。

      購入動機は、娘に25/1.8と40-150/4-5.6を取られてしまったことと、40-150/2.8は重いからです。E-M5と、12/2.0 20/1.7 45-175/4-5.6なら普段使いのバッグに入るので便利です。オリンパスのf1.2。私的には17〜25/1.2あたりが嬉しいです。

      TPOで20/1.7か17.5/1.2か決められますね。ただフルサイズと真っ向から戦うのであればf1.0とかf0.95シリーズとしても良かったかなと思います。
    • 時計好き's comment
    • 2015年12月10日 11:19
    • Hiroさんこんにちは。
      ウチの近所もHiroさんが京都で撮られたような、茶色い色でこのまま枯れ落ちるのかなと思ってましたけど先週辺り、急に色づいて綺麗に見えました。
      京都も市内のエリアなんかは色づきだしたらしいですよ。(未確認)

      ぐるぐるボケっていうのでしょうかね、そういえばHiroさんが一時使われてたパナ、こんな感じでしたっけ。
      f1.8とかもっと明るいと違うのか、そういう問題じゃないのか?判りませんけどちょっと嫌な感じのボケだなぁと思うんです。
      ここは残念。

      ニコンのf1.8シリーズは価格的にも性能的にも、アマチュアにはぴったりの単だと思います。
      必要な焦点距離だけチョイスして、ズームで補完するのがよいのか、単だけに縛った方が面白いのか悩ましいところですが、導入する時にしっかり決めないと僕のようにゴチャゴチャになります(>_<)

      オリのf1.2、噂レベルですけど現実味を帯びてきたのかな?
      これでボケ感がフルサイズf2クラス並になるかと思いますので、ボケに関してやいのやいの言われなくなりそうですね(笑)
      むしろ開放でも使える深度でSS的にも有利になりますね♪

      アメ村のお猿、麻酔とかの影響は考えられますね!
      悲しいことです。
    • 時計好き's comment
    • 2015年12月10日 12:28
    • luluさんこんにちは。
      仰るとおりですね。車もそうなんですけど、昔はアクセルとワイヤーが直結してて、アクセル踏むと回転が上がるわけですが、近頃は電子制御になってなんか違和感があるなんて話を聞きますね。
      作り手は違和感を感じるはずはないというのですが、人間の感じる感覚のずれはそれを見抜いてしまう。人間様の体って大したものです。

      このレンズもですがMZDのパンケーキズームも、僕は3万円ほどで買いましたけど、今はキットズームにも使われる様になって実勢価格はずいぶん下がってるみたいですね。

      MFTのレンズはFTの頃と比べて本当に軽くなりましたね。
      f1.2シリーズも基本的な画角は用意されるのではないですかね。
      広角・標準・中望遠で各1で計3本くらい?
      まさか5本も出すでしょうか?
      僕はほどほど明るく(f4)PROより便利な画角のズームレンズに力を入れて欲しいです。
    • かぷち's comment
    • 2015年12月13日 22:31
    • こんばんは。
      今年の秋は変な秋でしたね。
      最後のほうで、ようやく色づいてきてくれましたが、大半は早めに散っちゃってて、あんまり楽しめなかったような。。。
      お猿さんも、この変な気候でえさに異変がでてきてるんですかね?
    • 時計好き's comment
    • 2015年12月14日 00:27
    • かぷちさん今晩は。
      本当に。
      しかも予報で「明日からはいよいよ寒くなります」なんて言ってても、日中暖かかったり・・・
      紅葉は、色づかずに枯れるかと思ってましたから望外の喜びで良かったのですが、紅葉情報ページの「見頃」に騙された人はちょっと可哀想ですね(^^;

      お猿はなぜ、港までやってきてしまったんでしょうかね〜
      冒険心旺盛な若いサルだったのでしょうか。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
オリンパスオンラインストア

オリンパス製品最安はOLYMPUS ONLINESHOP

JobuDesignジンバルヘッド
最近の投稿画像
  • プロテクター
  • プロテクター
  • 標準ズーム
  • 標準ズーム
  • 標準ズーム
  • 標準ズーム
  • 標準ズーム
  • 超広角
  • 超広角
筆者プロフィール
Archives
記事検索
Recent Comments



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
人気ブログランキングへ



  • ライブドアブログ