カメラそのものや撮影が好きな人が書いているブログですが、知識が豊富であるとか技術が秀逸と言うことは一切ありませんのでご了承願います。 近年は野鳥と戯れるのが好き。 更新・コメントへの返信などスローペースとなっていますのでご了承下さい。 オリンパス好きの跡地
_B270060_DxO
いやはや。ポイント上限20%&キャッシュバックにまんまと引っかかりました。(人はそれを自己正当化とよぶ)
久々に瑞光女神湖へ喜捨です。(対価を得ているじゃないかっ)


ボディは別マウントになったものの、特別不満もなかった・・・と書くと嘘になり、以前(E-M5)と比べれば相当良くなりはしたが、アダプター経由かなという印象は最後まで拭えなかったZD12-60mm SWD。

換算24-120mmの利便性と描写は好きだったのだけれど・・・
良く使う標準ズームは限りなくストレスゼロが理想。

お得感からの決断ではありましたが、私のようなFTユーザーの残滓も、いずれはMFTに移行するしかありませんからねぇ(しみじみ)
_DSC9864_DxO

というような思いありーので買い替えましたが、比べると確かにコンパクト。
当たり前だがAFもストレスなし。何よりAF範囲が広い。
_DSC9865_DxO

まぁ焦点距離もだいぶ短くなるんですけどね。
PROはPROとして、ここは一丁かつてのオリンパスで主力級であった12-60mm と、50-200mmの利便性を F4通しで出してみては如何ですかね?
当然、PROラインより軽く安くというのは期待するところです。

PROじゃないユーザーにはちょうど良い感じだと思いますが。12-60mm F4。
選択肢が増えればユーザーは喜ぶと思いますし。

ちなみにですが一応まだ、ZD50-200mmから40-150mmProへの移行は考えていません。
テレコン無し200mmは魅力ありますし微妙に明るいですし。

今回一気に2本行けば+2万円也のキャッシュバックは非常に魅力的ではありましたが、それよりも300mm F4 Pro導入の方が先だと思ってます。
本当は400mm以上のズームの方が嬉しいのだけど。
なんていってるけど軍資金不足も無視できない理由orz
________________________

今回、D750もFW更新があったのですけど、こちらは動画機能の向上が目玉となっていますが、実質的にはバグfixメイン。
こちらもアップデートしましたが、動画にさほど興味はないのでまぁレポするほどでもありませんな。
E-M1のメジャーVer UP、4.0は今回も盛りだくさんな内容で趣はだいぶ違います。

Ver4.0で一番気になっていたのがフォーカスブラケット・深度合成です。

マニュアルに詳しく書いているわけではなく、公式サイト見て、それでもなんか良く理解できず、とにかく撮り倒してみて、なんとなくわかったような気になりました(^^ゞ

ざっくりいくと、フォーカスブラケットは999枚以内の画像をフォーカスずらしながら撮影してくれるもの。
・・・・だと思いますがまだこっちは検証してません。

ガッシガッシやる方はそちらを突き詰めた方が良いのでしょうが、当方はあくまで手軽な感じで(ライトユーザーですから)深度合成に的を絞ってみました。

何しろ深度合成でさえ、1枚を完成させるのに8枚分の合成画像が生成されます。
あまり多用するとガリゴリとメモリーが削られていきますので(汗)

______________________

フォーカスBKT・深度合成を利用するためにはメニューから入って、いっぱい方向ボタンを操作しなければなりません。
撮影メニュー2(カメラマークの2)

ブラケット撮影ON

Focus BKT ON

深度合成 ON

・・・と進むことで深度合成モードとなります。
マイモード?マイセット?とかにフォーカスブラケット割り当てといた方が良い様な気がします。
マイモード・マイセットも自分は使わないので誤解してるかもしれませんがそういう使い方ですよね?(汗)

設定が終わっても、フォーカスステップと絞りの関係はトライ&エラーっていうか撮り方(向き、被写体の奥行きetc)でも違ってくる。
マニュアルはないので数をこなして勘を養うしかない感じ。


ともかくシャッターを1回切ると、撮影用データを8枚撮影+深度合成されたJpeg1枚を生成してくれます。
その際、静音モードになるようで無音で、フォーカス位置をずらしながら、勝手に撮影してくれます。
手持ちでもOKみたいですが、あまりにズレがひどいと失敗するようです。(正確な失敗条件は不明)

早いシャッターが切れる環境なら手持ちもありでしょうが、そうでなければ素直に三脚です。
ちなみに某掲示板などでも話題になっていましたが、静音モードでは感度をとても低く抑えようと試みる(結果的に遅いSS)仕様のようです。
そんなわけで手持ちだとブレに由来した合成失敗も起こりえると思います。

で。↓8枚が合成元となる画像です。
_B270250_DxO
_B270251_DxO
_B270252_DxO
_B270253_DxO
_B270254_DxO
_B270255_DxO
_B270256_DxO
_B270257_DxO

少しずつフォーカス位置がずれています。
手前から奥に向かってフォーカス移動していると思います。
お友達
志熊老師より、フォーカスは基準から手前に2枚、奥に6枚との情報をいただきました。
未検証な情報でごめんなさいでした。

ちなみにここまでの8枚はカメラの設定に従ってRAWも記録されます。

でカメラ内で↑の8枚を合成して↓の合成画像1枚がJpegで生成されます。
RAWは生成されません。
_B270258_DxO

確かに端から端までピントがあっているので気持ち良いです。
ブツ撮りにボケなどいらぬ。(でもコンパクトじゃ物足りないのよ)

深度合成画像は画像の周辺が切り落とされ、小さくトリミングしたような状態で仕上がります。
これは仕様とのこと。

良く見ると白文字の周囲が若干ぼんやりしていたりするのですが、調べたところこれはピントが合っていない(ボケた)部分が合成されているようです。

今回掲載したものは比較的綺麗に(ボケが少ない)物を選びましたが、例えばF2.8でボケを活かしたような撮影データでは、ボケる範囲が増えるので、こういう文字の周りのにじみが出る可能性が高いと思います。

にじみの状況は1枚目の12-40mmのパッケージ画像がわかりやすいですね。
文字の回りがぼんやりとしてます。

深度合成する際は、しっかり絞ってフォーカスステップはやや大きめにとった方が良さそうな気がします。
でもまぁこれも被写体や状況次第で違ってくるような気もします。

_________________

で、ソフトでも深度合成をやってみようかと調べたのですが、オリンパスの純正ソフトでは深度合成はできないのか?
「市販のソフトを使って」と書かれております。
ちょっとやってみたい程度で、有償ソフトに手を出すのもしんどいなぁ〜と思ったら、フリーのソフトが見つかりました。

Combine ZM/ZPというソフトなんですが、配信元がなくなっているのかもしれません?
google先生に聞けば手に入れることはできますが、ドイツ語のソフトのようで出自や経緯が良くわからない。
Win7も対応してるのかどうなのかわからない。(大体動きますけど時々落ちます)
ダウンロード先も正規のところなのかどうなのかわからないのでリンクはやめておきます。

やってみようかって方は自己責任だからね。

______________________

ソフトを立ち上げるとこんな感じ。
Helpは見ても判らないので消します。

左上のNEWを押すと、合成元画増を開く画面になります。
今回の説明では撮影した8枚を選択します。
ZP4

すると画像が読み込まれます。
以下のような感じになっているかと。(↓は既に効果が掛かった後だね〜)
ZP1
続いて、NEWの隣のドロップダウンリストからAlign and・・・って言うのを選んでGoを押すとソフトが自動で位置合わせをやってくれるということらしいです。

たまに画像の端っこがくっついたりブレンドされたりして、カオスな状況になることもあります(笑)
Align and・・・を選ばず、直接Do Stack・・・とか、Pyramid・・・とか(これは合成手順の違いのようだと思います)を選んで処理しても、元画増が大きい場合は特に問題ありませんでした。

縮小画像(長辺640pix)でAlignせずに合成するとボコボコの画像になってしまいました。
位置合わせが必要かどうかは、合成に使う画像の大きさに依存するのかもしれません。
まぁやり直しはタダですから納得いくまで試行錯誤してみると良いと思います。

ソフトの処理中は画像ウインドは消えて↓のような処理中を示すウインドウが表示されます。
ZP5

そしてソフトで合成した画像が↓こちら。
rectangle_out_DxO
右端の方に若干ブレンドされたようなおかしな部分が見受けられますね。
それでもカメラ内合成よりは原画に近いサイズで合成されました。

仕上がり画像も十分綺麗・・・な様な気がします。

_________________

話し戻って12-40mm。
少し試し撮りをした程度ですが、意外に手に馴染む感じで良い印象です。
オリンパスのそこそこいい値段のレンズですから、当然画質も外れることなく。
_B270014_DxO

12-40mmを入れたことで、シグマの19mmとか要らないかな・・・って思い始めました。
30mmは其れ成りに気に入っているのだけれど、25mmもあるし45mmもあるし・・・(志熊老師ごめんなさい)
やっぱりMFTで単は影薄い気がします。

逆に60mmとか75mmは12-40mmとセット運用すれば12-60mm使ってた頃とそう違和感なく使えるかなと思い始めました。
レンズ交換の一手間は増えますけどやっぱり軽いと良いですね(笑)

ズームがちょっと重いけど、まぁこれも防塵防滴性の代価と思えば・・・
金属製の操作リングは使い込むと手垢とか汚れがたまりそうで少し心配とか余計な心配の種はあるのですが、 自分のものになるとあばたもえくぼといいますか、上質感?見た目なぞどうでもええわいって言ってた自分がお子様のように思えます。

現金なもんですね(^^; 

Comments

    • lulu's comment
    • 2015年11月28日 05:39
    • 12-40/2.8購入されましたか。小生はまだ14-54II/2.8-3.5
      愛用してます。キャッシュバックもあり、ひかれますね。
      9-18/2.8proがでればそくポチるのですが。

      最近は40-150/2.8を持ち出すときは三脚がお供です。
      街ブラには無理なのでなぜかpana 45-175/4-5.6
      購入しました。210gと軽くてそこそこの写りです。
      ビックリです。
    • 時計好き's comment
    • 2015年11月28日 13:16
    • luluさんこんにちは。
      マイクロのボディではやっぱりマイクロ用レンズが使いやすくていいです(手のひら返し?)
      でも20%とキャッシュバックなかったらわざわざ買い換えるまでは至らなかったかと。

      9-18/2.8はどうでしょうね。高くなるのでは?
      他社のf4ラインに16-35mmってあるので、これに近いf4ラインならサイズと値段も抑えられそうで、7-14mmとの住み分けもできそうな気がするんですけど。

      45-175mmは結構良いレンズでした。
      でもあんまり使わなかったな・・・コレクターではないですよ。ええ決して。
    • Hiro Clover's comment
    • 2015年11月28日 16:30
    • こうやって並べてみると、12-40mmProは小さいですねぇ。
      12-60mmはアダプターの分よけいに長く見えます。(^_^;)
      シグマの19mmは明るさ的にも被りますもんね。
      F1.8とかだったらまだ使い分け出来そうですが。

      E-M1の深度合成はこんなに画角が狭くなるんですね〜。
      これなら、フォーカスブラケットで撮っておいて、後からソフトで合成というほうがいいのかな。(^_^;)
      無料ソフト、参考にさせていただきます。
      これ、Registaxを使うとどうなるんだろ。
    • 時計好き's comment
    • 2015年11月28日 17:39
    • Hiroさんこんばんは。
      サイズはだいぶ小さいですね。
      12-60mmをでか過ぎると感じたことはありませんが重さもちょっと違いを感じます。

      シグマの19mmはほんとにそうなんですよね。
      APSなら良いのでしょうが、単に求めるものってやはりヌケだったりボケだろうと思います。
      ヌケはともかくボケはMFTだともう一段明るくないとズームとの差別化が難しいです。
      また12-40mmが寄れるもんだから余計分が悪いんですよ(^_^;)

      深度合成の元画像撮影してるのをみてると、フォーカス位置で随分画角変化がある(様に見える)んですよ。

      これだと重ねるときに画角が狭くなるのもしゃあないかなと。
      ソフト合成はどういうのがいいのか?
      メジャーな手法じゃないみたいで、ググって出てきたのも昆虫とジュエリー撮影の例だけでした。
      そういえばHiroさんがお使いのソフトも画像の重ね合わせですもんね。
      一度試して見てください(^^)
    • どこ。's comment
    • 2015年11月28日 21:16
    • そうなんじゃよ。
      志熊のDN流は、F2.8じゃから19mm、30mmはM.ZD12-40mmPROと
      丸被りになってしまうんじゃ。それでDN流を離れる若者も多くてのぅ・・・。
      切ない話じゃ。

      しかし、19mmmという画角に縛られる楽しさもある。
      小型軽量ゆえの機動性もある。
      そこを極めるのが志熊の教えじゃ。(笑)

      ----

      でも、ZD12-60mmSWDは、やはり大きいですよね。
      そして、AFの速さに関しては、どうしてもM.ZDに敵わず。。。
      そうなると、M.ZDの頼れる標準レンズが必要になるのは必然・・・。
      意外と、オリって良い戦略を展開していたのかも?
      まぁ、ZD12-60mmと比較すると、色々不満は残るかもですけど、
      M.ZD12-40mmPROが良いレンズなのは、間違いないですから。
      あとで、M.ZD12-60mmPROとか、出さないでくださいね。>オリ
    • 時計好き's comment
    • 2015年11月28日 22:50
    • 志熊老師こんばんは。
      むむっ。数字に惑わされるでないという戒め、いただきました。
      縛られるのが楽しいというのははなんかこう・・・い、いや・・・私の耳は世俗に穢れてしまったようです。修行に励まねば・・・!

      ----

      同じ志熊でもフルサイズ用の24-35mm F2 DG HSMやらAPS用の18-35mm F1.8 DC HSMなんてよだれが出そうなレンズがあるのに、DNにこういった大口径ズームがないのが残念です。

      昔からのオリンパスユーザーで12-60を12-40に替えた人って意外といない・・・のかな?
      まぁ手のひら返すわけじゃないですが、このレンズ、手にすると肯定的に捉えられる部分がたくさんあります。

      でもMZD12-60mmが出たら確かに・・・悩んでしまいますね・・・

      オリンパスってなんか知らんけど標準ズーム大好きメーカーですよね。
      ZDでも14-54mm、12-60mm、14-54mm IIなんてやったメーカーですから、ないとは言い切れないですよ。
      14-42mmだって今も2種類かな?RとEZがあるわけですし(^^;

      12-40に遠慮して12-60mm F4 High-Amaとか・・・絶対買わないネーミングですね(笑)
    • MOTO's comment
    • 2015年11月29日 00:22
    • おぬし、またオリンポスの女神にやられたのかえ(瑞光女神湖)。
      一番上の写真で「あ、結局(ニヤリ)」と思っちゃいましたし
      メインをオリに戻した?とも。(ニコンとは別ものですしね。)

      12-60mmSWDについてはどこさんの所でもコメントしてましたけど
      あのレンズはホント万能で、シャープで、いちばん長く愛用したレンズですし
      思い入れも強かった自分です。E-5といっしょにドナりましたけど
      12-40mmPROだとちょっと足りないのは、事実。

      714と40-150がでましたけど、それに比べると最初に出たからか?
      おとなしめのPROレンズですが、優等生でもありますね。
      それだけ安心感があるレンズです。

      ということで、抜けた60mmはシグマにあるぞ、と志熊老師も囁いています。
      2万円切るレンズで、あの描写はなかなかですので、お奨めします。

      ちなみに、私も50-200SWDは、手放しません。
      M.ZD 40-150mmPROとは、やはりちょっと違う感じですね。


      あと、被写界深度合成。
      時計好きさんが、すでに人柱になってくれたので
      良く読んで参考にします。もうちょっと使い易いといいけど
      花撮りとか物撮りには、いい機能をアプデしてくれたと思っています。
    • 時計好き's comment
    • 2015年11月29日 00:40
    • MOTOさんこんばんは。
      先ほどはコメント欄で暴れてすみませんでした。
      深度合成の件です。
      え?まだ見てないですか。先に謝ります<m(__)m>

      瑞光女神湖のくだりはMOTOさんのような文才がないのでテロッとさわってみました(笑)
      まぁ浮気してわかる良さもあり・・・みたいな発言を現実でやるとアレですけど、カメラならいいかな(笑)
      港の女じゃないですが、あっちもこっちも本気で好きならいいのかなって(^^ゞ

      最初期のPROレンズだけに、14-54のようにあとから12-60が出やしないかとちょっと思うんですが、それはまあまだ先の話だろうし、手にした皆さんが言われるようにこのレンズもまた瑞光ですから悪かろうはずはないですね。
      このクラスをフルサイズで得るためにはやはりもっともっととお布施を要求されておかしくないレンズだと思います。

      60mm DNですね。でもうちにはMZDの60mmがありますのでって申しておきます(汗)
      まぁ何です。今まで12-60があったので遊んでた75mmという名玉がありますので、こいつを活かす筋かなとも思いますし。

      上のほうはやはりちょっと短いですよね。150mmは。
      なんで200mmにしなかったですかね。
      こっちこそ2型で40-200mm PROIIを出して欲しい。
      でも出たら怒る人も多いでしょうね(>_<)

      まぁ・・・僕はとりあえず50-200mmと300/4PROで繋ぐ流れかなぁと思ってます。

      で、最後に深度合成のところで嘘付いてごめんなさいでした。

    • かぷち's comment
    • 2015年11月29日 10:43
    • おはようございます。
      12-40いっちゃいましたね。(^-^
      いいレンズだと思いますけど、12-60ほどの使い勝手はない気がします。。。
      ちょっと持ち出す機会が減っちゃってます。(^-^;

      mzdで12-60出て欲しいですね。(^-^)
    • 時計好き's comment
    • 2015年11月29日 21:01
    • かぷちさんこんばんは。
      ドコモがムーバからフォーマに切り替えた時みたいに、FTマウントのレンズからMFTマウントへの買い替え支援とかやってくれれば嬉しいんですけどね〜(笑)

      確かに使い勝手は悪くなっちゃいますが、45mmと60mmでカバーできるかなと。
      僕の場合は75mmがずっと遊んでますんで、12-40mm+75mmもアリかなと思ってます。


      > mzdで12-60出て欲しいですね。

      無論欲しいですがPROIIとして最低五年はあけていただかないと(^_^;)

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
オリンパスオンラインストア

オリンパス製品最安はOLYMPUS ONLINESHOP

JobuDesignジンバルヘッド
最近の投稿画像
  • プロテクター
  • プロテクター
  • 標準ズーム
  • 標準ズーム
  • 標準ズーム
  • 標準ズーム
  • 標準ズーム
  • 超広角
  • 超広角
筆者プロフィール
Archives
記事検索
Recent Comments



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
人気ブログランキングへ



  • ライブドアブログ