カメラそのものや撮影が好きな人が書いているブログですが、知識が豊富であるとか技術が秀逸と言うことは一切ありませんのでご了承願います。 近年は野鳥と戯れるのが好き。 更新・コメントへの返信などスローペースとなっていますのでご了承下さい。 オリンパス好きの跡地
_6280100
京セラドームのお膝元、大正橋周辺(正確には大阪アドプト・リバー 尻無川河川広場)で実施中のTaishoリバービレッジにいってみました。
期間限定イベントのためリンクが切れたらすんません。

イメージ的は過去に開催されたベリパ系のイベントのようです。
ベリパとは要するに、水都大阪イメージを打ち出したイベントなのですけど、現在ではドメインも無関係のところが取得されたようですし、数年は開催されておらず、興行的には成功ではなかったのかも知れません。

当ブログでのベリパ記録

調べたところTaishoリバービレッジは「社会実験事業」とありますので、自治体主導の効果測定イベントみたいですね。
またベリパやるのかしら?
_6280105

ブログ友の皆さんは着々とPROレンズを入手されている中、旧来のE-1&SWDコンビを久々に持ち出しました。

屋台ありイベントあり。元々広いエリアでもないところへみっちり屋台が入っており、人も多く見えましたのでにぎやかな雰囲気。
一見わかりにくい場所なのですが、実は駅から京セラドームへ向かう橋の上からよく見えるロケーション。
この日もドームで何かのイベント開催中でしたがドームへ向かう多くの人々からの注目を集めておりました。
_6280085

梅雨の中休みというか、ほんとにこれ中休み?梅雨明けじゃねえの?と思うくらい日差しが強く、暑い一日でした。
暑さに負けて明るい時間からビール飲んでしまった(^^;

_6280103

飲食関係の屋台は週末のみといっていたような気がしますが、BBQあり屋台的食べ物あり、ライブありとにぎやか。

せっかくきたので、撮影だけでなくイベントにも参加。
サーフボードの巨大版のようなものに乗って自分で漕ぐものと、船に乗ってクルーズするものがありましたが、サーフボードは一人で参加は恥ずかしいし、写真も撮れなさそうだったので、船のクルーズに申込みました。

↓ここの黄色いボートで尻無川をクルーズする「大阪ドーム周遊コース」に申込み。
_6280207

かっこ良さ気なボート。
_6280107

この辺のランドマークは大阪ガスのガスタンク。
_6280114

この周辺には、雰囲気のある飲食店が川沿いに点在しています。
なぜか山中湖なんかにありそうなスワンボートもあったりして良くわからないけど魅力的ではあります(笑)
_6280119

京セラドーム全体が綺麗に見える場所って意外と少なくて、ここも陸からでは近すぎて綺麗に見えないのですが、川の上からだとこんな風に見えるんだなぁと新たな発見。
ガスタンクも一画面に入って良い感じです。
_6280125

20分くらいと言うことなので、チョイチョイ走って終わりかと思ってましたけど、意外と長い距離をクルーズしてくれて楽しめました。
まぁ尻無川なので水は綺麗ではないのですけど(^^;
_6280175

この日たまたまこの水門を御船かもめが通過するところに遭遇しました。
気にはなっているのですけど、実際乗ったことはありません。
この水門は、ちゃんと申請すればカヌーでも通れるそうで、一度は通ってみたいなぁと思いながら船など持てる筈もなくいまだ未達。死ぬまでには達成したいところです。

一通り楽しんだので周辺の写真を撮影しながら帰路に着きました。
_6280211

この辺は変わりませんね。
_6280251

Comments

    • Hiro Clover's comment
    • 2015年07月01日 22:51
    • .comドメインなんて、年に千円ちょっとなのに、なんで手放すんですかねぇ。(^_^;)
      6文字ぐらいの.comドメインって、空きが無くて結構貴重だと思うんですけど。
      suito-osakaのほうは.jpや.netは存在しますね。.comは誰かに取られたのかな。

      少し分かりにくいイベントかな?と思うんですけど、お写真拝見すると、結構人が多いですね。
      川の上から見る景色って新鮮です。
      こうやって見ると水辺の街だなぁと思いますね。(^_^)
    • 時計好き's comment
    • 2015年07月01日 23:29
    • Hiroさんこんばんは。
      まぁお役所仕事ってことなんでしょうね(^^;
      ドメインに対する価値とか知名度に金は出せないということではと。
      イベント会社なんかに丸投げしてて、そのイベント会社が毎年仕切らせて貰えると思ったらキープするのでしょうけど。

      僕は子供の頃からの身近な風景ですから、川から風景見れるだけで意外に嬉しもんですが、思い入れがないと楽しくないかも(笑)
      その辺を観光客でも楽しめるように味付けしなきゃ続かないでしょうね〜。

      こういう言い方しちゃったら身も蓋もないですけど(^_^;)
    • lulu's comment
    • 2015年07月02日 05:33
    • 大正区ですね。環状線で通ったことはあれど、降りたことはないです。楽しそうな下町ですね。ソウルフードが出てきそうですね。

      E-1の頃はコンデジを年一回以上買い替えてました。ミラーレスが出ることを期待して。デジタル一眼は見ないふりでした。その後E-P1の発表で期待は最高潮。発表されると、EVFが付かない!スタイル重視。オリンパスらしい技術的先進性が見当たらない!そんなはずはないと展示会へ。実は学生時代にccdが開発され、松下からきた教授が熱く語ってました。その時一眼レフはなくなると思い、30年ほど待ってたわけで・・・。ショックで・・・。その帰りにキャッシュバックつきで超安売りのE420Wズームキットを買いました。そこからは・・・です。
    • 時計好き's comment
    • 2015年07月02日 14:40
    • luluさんこんにちは。
      大正といえば沖縄食材とよく言われますね。
      決して否定するつもりで書くわけじゃないのでご容赦下さい・・・
      ホルモン(モツ)を使った料理をよくソウルフードとメディアで紹介されますが、ちょっと違和感。
      なぜといえば大正や港区といった下町に限らず、ホルモンは大阪ではポピュラーな食材と思うからです。
      どこにいっても市場の肉屋ではコロッケ並みに普通に売られてたように思います。(山手のほうは存じません)
      誤解を恐れず申し上げますれば、写真で言うところの記憶色ならぬメディアを通じた記憶食?という印象です(^^ゞ

      ところでluluさんはミラーレス(EVFの)を待ち焦がれておられたようで、今やその状況となりましたことに感慨ひとしおかと。後はレンズだけ?(笑)

      閑話休題でやはりN社の新型600/4、500/4は軽量化されたとはいえどちらも単体で3kg以上。
      価格もめでたく3桁万円。
      想像以下でも想像以上でもありませんでした。
      画質性能はもちろん素晴らしいものとなるでしょうが製品としては明確に業務用です。

      オリンパスの500/4がこのあたりを勘違いせずに、コンシューマ向けとして発売すれば間違いなく当たると思いました。
      毎度毎度蛇足が多くてスミマセン<m(__)m>
    • lulu's comment
    • 2015年07月02日 21:21
    • 大正区は沖縄の料理なんですか?そうきそばは好物なので一回行ってみます。海辺の出身なので、好物は魚。ホルモンはあまり食べないです。

      それからコンシューマー向きの軽い400/4や500/5.6ができればmFTの意義があると思います。borgとも考えますが全くのMF・・・。自信がありません。
      まず実売十数万で超望遠。売れれば400/4pro、500/5.6proってのもいいです。
    • 時計好き's comment
    • 2015年07月02日 22:20
    • ハイ。沖縄の方は多いですね。
      タコライスとかソーキとか沖縄食材はいろいろ売ってます。
      沖縄風の魚は流石にないと思います(笑)

      冗談はさておき、人生も折り返しにくると肉をたくさん食べたいとは全く思わないですね〜
      やっぱり魚が私も好きです(^^ゞ

      オリンパスは光学メーカーの自負からか、最高の逸品を目標に掲げるメーカーだと思います。
      ZD300/2.8,90-250/2.8なんか正にそうです。
      確かに素晴らしいのでしょうが、オリンパスでそれを買うユーザーがどのくらい居るのか?まず裾野を広げるのが先と思うのです。
      ですから使いやすいf4通しの望遠ズームとか、仰る500/5.6みたいな価格と大きさ重さを抑えたレンズ。言い方が良くないかもですが巻餌レンズの存在が不可欠と思います。
      上から作ってったんじゃそれはやっぱり苦戦しますよね。
    • lulu's comment
    • 2015年07月03日 22:17
    • 撒き餌レンズの超望遠があって、こだわり超望遠。仰るとおりです。
      だいたい小生もEPL-3にEVF、14-54IIでひたすらフランジバックが短いことの利点を生かした明るく小型軽量標準ズームを待ってました。まってる間に、まず撒き餌の45/1.8、pana20/1.7。この写りではなまりました。12/2.0、pana14/2.5+fisheye converter。12-4/2.8proが出たころには、広角〜標準は単焦点と思うにいたりました。
    • 時計好き's comment
    • 2015年07月04日 12:16
    • luluさんこんにちは。
      45/1.8は素敵な巻餌だと思います。
      これが望遠でもできれば言うことないのですが75-300はテレ端が暗すぎます。
      フルサイズ対応の150-600だってテレ端はf6.3なんですけど、高感度耐性の差がありますので相対的に実用度に開きがあります。
      せめて5.6ならと思います。

      やっぱり換算で800ミリを超えたところからがMFTの値打ちかと思いますね。

      広角はズームより単焦点の方が良いのでしょうね。
      でも売りにくいレンズのようにも思います。

      結局、広角も望遠も超がつくような分野は特殊用途になるんでしょかね(笑)

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
オリンパスオンラインストア

オリンパス製品最安はOLYMPUS ONLINESHOP

JobuDesignジンバルヘッド
最近の投稿画像
  • 師走
  • 師走
  • 師走
  • 師走
  • 師走
  • 師走
  • 師走
  • 師走
  • 師走
筆者プロフィール
Archives
記事検索
Recent Comments



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
人気ブログランキングへ



  • ライブドアブログ