カメラそのものや撮影が好きな人が書いているブログですが、知識が豊富であるとか技術が秀逸と言うことは一切ありませんのでご了承願います。 近年は野鳥と戯れるのが好き。 更新・コメントへの返信などスローペースとなっていますのでご了承下さい。 オリンパス好きの跡地
_DSC6253_DxO
前日に重いレンズ(150-600)を手持ちしたので筋肉痛に・・・まぁ2日後でなく翌日なのでまだ大丈夫と思います(^^;

筋肉痛ながら、手ごろな撮影をしたくなり八幡屋公園の紫陽花撮りへ。


ほんの一角なんですけど、ここは紫陽花とかちょっとした季節の花が見られるのでたまにお世話になっています。
_DSC6242_DxO
奥の方の3本は弁天町駅前のビルかと。
手前の建物が大阪プール。


紫陽花は前ボケって向かないすね(笑)っていうか花越しに向こう見えないし(^^;
_DSC6264_DxO

紫陽花の色って、咲いてる場所の土質で色が変わるみたいな話をどこかで聞いた様に思うのですが、ここは同じ場所に咲いてるのに3色。
_DSC6248_DxO

相変わらず花の撮り方には楽しむよりまず悩んでしまう気持ち。
うーむ。
_DSC6256_DxO

公園を歩いていると、雛を連れたシジュウカラの群れを発見。
野鳥好きおじさんの血が騒ぎます。200mmなのに(汗)
_DSC6291_DxO
人間は怖い生き物という先入観を持つ前のつぶらな瞳・・・です(笑)

怖がらないっていっても、200mmで寄れる距離なんて知れてますからトリミングなんですがー
_DSC6288_DxO

こいつ、すごいぞ?と思ってしまいました。
うん。すごいのはシジュウカラの雛じゃなくてTAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USDこと、このレンズなんですけどね。

等倍です。(クリックした先の1280pixのものが)
_DSC6288_DxO-1
すごくないすか。等倍ですよ?
アンシャープ掛けた分、線は太くなっちゃいましたけどRAWのもってるポテンシャルはすごかったです。はい。

こいつはすげーって思ったので、その他の画像も等倍(リンク先1280pixね)で切り出してみました。
スズメ君
_DSC6196_DxO

また雛君
_DSC6208_DxO

どうしたことか羽がズタボロになったクマ君
_DSC6282_DxO
ちなみに命には別状ありませんでした。・・・が、弱ってたかも。
ハチのムサシ・・・は死んじまうのか?


この公園名物(らしいですよ)ジャカランタ
_DSC6286_DxO
もちろんこれは等倍ではありません。

サードパーティのレンズって、軽くみられるケースが多いんですけど、これだけ切れてボケも柔らかいレンズって相当値打ちあると思うんです。
このレンズは買ってよかったな〜ってレンズです。

Comments

    • Hiro Clover's comment
    • 2015年06月16日 15:36
    • タムロンの70-200mm F2.8、切れてますね〜!
      シジュウカラの等倍画像が凄いです。
      以前、DxOMarkの測定結果を見て、いいレンズなんだなぁと感心したんですが、
      解像力はNikon70-200F2.8VRIIより上というのも、今回の画像を見ると頷けますね。
      (解像力は、タムロンが22P-Mpixで、ニコンが20P-Mpixという結果でした)

      シグマはSportsラインで70-200mmF2.8をまだ出してませんが、最近のシグマのレンズを見ていると、凄いのを出しそうな予感がします。
      でも、ニコン用は作るのが難しいと聞きますし、キヤノン用が出てから時間が掛かりそうですね。

      紫陽花の撮影、ガクアジサイだと結構色んな角度から撮っても絵になるんですが、このポンポンみたいな紫陽花は撮るの難しいですよね。
      自分は城北公園の菖蒲園で花菖蒲をほとんど撮らず、紫陽花を撮ってたんですが、色んな種類を植えてあって結構見応えがありました。
    • 時計好き's comment
    • 2015年06月16日 22:48
    • Hiroさん今晩は。
      そうでしょ〜?(^^ゞ
      僕もDxOで比較しまくりました。(笑)
      純正VR2は高くて買えませんので、旧F2.8VRとF4VRとタムで、最終選考はF4VRとタムの一騎打ちでしたが2.8が押し勝ちました。
      ニコンユーザーって上位機種使う人ほど純正至上主義の方が多いみたいですが、色々な見方があって良いと思います。コストパフォーマンスなら間違いなくこのレンズはBESTです。
      まあ確かにAF速度や精度、総合的な信頼性を考えると間違いなく純正なんですが最近はシグマもすごいですからうかうかしてられないんじゃないかな〜

      ニコン用は絞りレバーがあるために難しいらしいですね。イメージサークルも小さいし。
      でもそんな面倒なマウントなのに、キヤノンに次いで製品が発売されるのですから相当なシェアなのでしょうね。

      最近は電磁絞りのレンズに置き換えられつつありますので、もう何年か先には新しいFマウントも登場するのでしょうか。

      あ、花ショウブとか水際の花も撮りたいです。
      雨降ってるときに雰囲気のある撮影したいんですけど・・・雨粒、湿気、蚊、ファインダーの曇りと撮影の天敵が多数いる場所でもありなかなかね〜・・・・とか言ってる間にシーズンを逃すパターン(笑)

    • 北都's comment
    • 2015年06月16日 22:56
    • 時計好きさん、こんばんわ。

      アジサイ早いですね。こちらはあと1週間は咲きそうもありません。
      ちなみに、アジサイは咲いている場所のpHで咲く色が変わるはずです。
      (確か、酸性が赤。アルカリ性は青。)

      シジュウカラの等倍、キレッキレですね。フルサイズなのも有りますが、
      タムロンの70-200mm F2.8の素性もかなりの物ですね。

      個人的にタムロンはボケはキレイだけど、周辺が甘くて、AF遅い印象でしたので、
      意外でした。

      PS 先日自宅の庭にオナガが遊びに来ました。
    • 時計好き's comment
    • 2015年06月16日 23:10
    • 北都さんこんばんは。
      日本て広いな〜(笑)

      アジサイはリトマス紙みたいですね(^^ゞ

      タムロンもたぶん24-70VCやこのレンズ以降だいぶ変わったのでないかと思います。
      帯が金色のはアレですがタングステン帯になってからのレンズは間違いないですよ。

      古い28-75なんかは絞らないとそれなりですし、何よりフルサイズは隅々まで等倍鑑賞するようなもんじゃないんだろう...って勝手に決めてましたが、このレンズ使うとやっぱレンズ次第だなぁとか(笑)

      エナガ、いいですね。
      うちは外がうるさいなと覗いてみたらカラスが喧嘩してたってのはあります(泣)

      おおおエナガじゃなくオナガですか!羨ましい...
    • lulu's comment
    • 2015年06月18日 07:00
    • タムロン70-200/2.8 キレキレですね。オリンパス40-150/2.8もキレキレですが、価格競争がないので高価です。広角〜標準 ミラーレスフルサイズ、望遠mFTと思っているのですが、mFTでは300mmより望遠の計画すらないし、7-14/2.8が出てしまいました・・・。mFTにタムロン、シグマが本格参入してくれたら・・・。
    • 時計好き's comment
    • 2015年06月18日 14:20
    • luluさんこんにちは。
      近頃は純正の性能が上がっていますから、必然的にレンズメーカーもキャッチアップしていかないと取り残されてしまいますので良い方向に向かっているのでしょう。
      このレンズは実売10万円そこそことはとても思われません。

      以前シグマ社長がMFT専用レンズは出さないのか?の質問に、必要性は認めながらもコスト的な問題と、現状のラインアップでユーザーが満足しているように見えると回答していましたので、我々が思うほど超望遠を望むMFTユーザーは多くないか、またはメーカーに声が届いていないと言うことなのかもしれませんね。

      過去シグマからはFT用に50-500mmや300-800mmも用意されていましたが、前者は奮わなかった(終了後に一時プレミア化しましたが)ようですし後者などたぶん出荷されていないのでは?
      FTよりMFTの方が成功しているように思いますが、このあたりの結果で判断されてしまっているのかも知れないですね・・・

      位相差用のコントラストAF機への転用は難しいと聞きます。
      他社のフラグシップ機と比較するとE-M1は普及機とさほど価格差がなく、MFTの中ではユーザーも多いように思うのですが、既にある150-600mmをE-M1専用に。と言う方法もマスが小さすぎるのでしょうね。

      まぁE-M1とて、位相差AFは十分ではないと思いますし(苦笑)

      結局MFTで使用できる超望遠(コントラストAF用に設計された)は、オリンパスなりパナソニックが出さない限り、NかC社のAPS或いはフルサイズミラーレスの普及待ちなのかもしれませんね。
      ユーザーとしてはだからこそ、オリンパスに期待するわけですが(^^;
    • lulu's comment
    • 2015年06月18日 22:54
    • 〉結局MFTで使用できる超望遠(コントラストAF用に設計された)は、オリンパスなりパナソニックが出さない限り・・・

      そうなんですよね。望遠こそAFスピードと精度、手振れが必要ですものね。
      mFTで500mm程度になると、カリカリを犠牲にして、明るさと軽さを重視したレンズがあっても良いと思います。
    • 時計好き's comment
    • 2015年06月19日 00:36
    • luluさん、はい。そう思います。
      たぶん150-600をMFTマウントで出すことはできても、M-1では大したAF性能が出せないと思います。

      結局のところAF速度、精度が出て、換算1,000mmを超えて来ない限りNやC社APS使ってるユーザーが乗り換える旨味が少ないですね。
      仰るように軽さ明るさはもちろんですが価格も大きなファクターだと思います。
      600/4なんてやっぱり高くて買えませんから(笑)

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
オリンパスオンラインストア

オリンパス製品最安はOLYMPUS ONLINESHOP

JobuDesignジンバルヘッド
最近の投稿画像
  • プロテクター
  • プロテクター
  • 標準ズーム
  • 標準ズーム
  • 標準ズーム
  • 標準ズーム
  • 標準ズーム
  • 超広角
  • 超広角
筆者プロフィール
Archives
記事検索
Recent Comments



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
人気ブログランキングへ



  • ライブドアブログ