カメラそのものや撮影が好きな人が書いているブログですが、知識が豊富であるとか技術が秀逸と言うことは一切ありませんのでご了承願います。 近年は野鳥と戯れるのが好き。 更新・コメントへの返信などスローペースとなっていますのでご了承下さい。 オリンパス好きの跡地
_DSC1730_DxO
これ、E-30キャンペーンでもらったアートイエローのオリ純正本革ストラップです。
なぜか今頃、M1につけて使ってるのですがこれ、すごく柔らかくて使いやすいんですよね。
芯がないって言うと悪いように聞こえますけど、いい感じにクタッとしてるんです。
細さも普通の一眼用は太すぎるM1にもぴったりのサイズ。

主張しない柔らかさ・主張する色合いが絶妙に気に入っています。


で、本題です。
話は少し遡ります。

家内の実家へ行った際、母上より「これアンタに上げるわ。使いなさいよ。」と頂きもの。
「声が」高い社長の通販で買ってみたものの、そのうち使わなくなっちゃったんだとか。
それは古い(発売日:2011年10月20日)Nikonの1インチミラーレスJ1レンズキットでした。

古いといっても年式の話で、モノとしては殆ど使い込まれてない状態。
で、それは家内がじゃあ・・・と譲り受けたのですが、このJ1使い始めて暫くすると今度は家内が「このカメラもう使わないから・・・」と、E-PM1とMFTレンズ一式。

私(時計好き)が使わないなら全部処分する。といいますので、こちらの2本を引き継ぎました。
_DSC1743_DxO

もともと、コンパクトで十分といっていた彼女でしたが、アクセサリーなど撮影するのに綺麗に撮りたい。
でも一眼はちょっと・・・と。
私がE-P1を手放すわというタイミングとも重なりまして、渡し船的に「じゃあそれ(E-P1)は私(家内)が使いますよ」となったわけです。
ちなみに彼女にとっての一眼=ファインダー撮影を意味するようです。

マクロで撮りたいというので60マクロ、旅行に持っていく時レンズは交換しないしたくさんも持ってかないというので14-150mm。
まぁ他にもちょろっとしたレンズはもっていたのですけど、思ったところにAFが合ってくれないことに、ずっとストレスを感じていたと。

家内の使い方ではJ1はスッと合焦するのだとか。
で、目からウロコ。これでいいやとなったようです。

_DSC1745_DxO

言われて試してみました。
オリンパスのマクロらしく?ウォブリングしすぎでしょう。
ネイティブレンズなのにアダプタ経由で使う50マクロと殆ど違いが分かりません(汗)
フォーカスリミッターも意味を成しているのかよくわからなかったです(^^;

勘所のある人なら、クセを読めよとか、マクロなんだからMFしろよって話なんですが、一般的な女性の感想としては「何万円もするレンズなのになんで合わないわけ?」と、なるでしょうよ。
まぁ今後のオリンパスさんへの期待を込めた諫言とさせていただきます。

話は戻って
私も直ぐではないけど、何時かの時点でフォーサーズは見切って、マイクロに移行するしかないと考えています。
今はまだ、12-60も50-200も50マクロも現行品なので安心して使えます。
なので積極的にこれらを12-40、40-150、60マクロへ入れ替える気持ちはありませんでした。

でも今回、60マクロを家内より引き継ぐ自然な流れを受け、一歩MFT寄りにシフトしました。
(50マクロは売却し、代金は家内のお小遣いに)

14-150mmもII型が出た今、I型ってどうなん?と思いましたが、自分的にはわざわざ買うレンズではないです。
でもあれば便利には違いないので譲ってもらえるなら、そのまま使わせて貰おうかなと。
ちなみにレンズフードは別売りで、純正の「ZD」14-42mm用と共通ですが、このレンズはさすがの私も手元に残していません。

どうせ純正買ってもC国製だし・・・とオークションでコピー品を送料込み900円で。
_DSC1809_DxO

Made in C国の表記はありません。不思議です(笑)
そこは良いのですが、メーカー名とか品名がぐじゃぐじゃ書いてあるのは嫌なのでサンドペーパーで消して黒に塗装。

_DSC1811_DxO
スッキリ。

しかし・・・900円のもの買っといて、色々言う自分も少々きてるなと思いますが愚痴らせて頂きます。(^^;
さすがはコピー品。純正よりペナっとしてますし、バヨネット部分の嵌め合いも怪しい限り。
まぁ送料が8〜9HK$含まれてるみたいなので実質7〜800円か?
う〜ん・・・さんびゃくえんくらいなら・・・(汗)

純正フードも、オリのイベントに行けばアウトレットで見つかりそうな気もするんですけどねぇ。

元々14-42mm用に作られたフードが、150mmまでの当レンズで用を成すのか疑問ですが、あまり拘るようなレンズでもなかろうし、W端での蹴られはないので、広角でハレ切りできりゃ良いかと妥協します。

というわけで家内のMFT卒業と、私のMFTレンズ拡充というごく私的なお話でした。

Comments

    • Hiro Clover's comment
    • 2015年03月07日 17:45
    • マイクロもかなり充実してきましたね。
      次は12-60mmが12-40mmProになるのかなぁと思いますが、
      タイミング的にはE-M1markIIが出る頃が自分も考え時かなぁと思っています。
      (買うならレンズキットでしょうか)
      50-200mmは多分このまま手元に残すだろうなぁと思いますが、
      使用頻度が激減してるだけに、どうなるか判らなくなってきました。(^_^;)
      あ、フォーサーズのダブルズームキットのレンズはまだ手元にあって、こちらも全然使ってないんですけど、
      レンズキャップだけは同サイズのマイクロのものと交換して使ってます。(^_^;)
    • 時計好き's comment
    • 2015年03月07日 22:01
    • Hiroさん今晩は。
      そうですね、だいぶレンズが増えてきました。
      最初の頃、ZDに配慮したのか何か、地味なレンズばかりで本当にやる気あるのか?と思った時期もありましたけど(笑)

      ただフランジバックが短くなったせいか、ズームレンジは無理しないようになりましたね。
      12-40mmは僕にはやはり短いんです・・・
      12-60mmのマイクロ版を出して欲しいですよ。

      うちの50-200mm、T端でちょっと首が微妙に動くんですよね。
      今度カメラクリーニングに持参して、チェックしてもらおうと考えていますが、修理が必要で何万円も掛かるようだと悩んじゃいます。

      MZDのレンズキャップは両端つまむ使いづらいやつですよね。
      ZDのようにやっぱり真ん中つまめないと。
      確か14-54mmとか初期のレンズはこういう外側つまむキャップで、後期では真ん中つまむタイプに変わったような気がするんですけど。
      フード使うときのことを考えてないって言うか、この辺がまだ、MFTはデザイン優先なのかなーと思ってしまいます。

      14-150mmは珍しく58mmなので、手元に残してた「ZD」40-150mmのキャップと交換してます。
      でも60マクロ用の46mm径はZDタイプの真ん中つまみキャップがないんですよね〜
      社外品はなんとなく好きじゃないんですが・・・
    • 模糊's comment
    • 2015年03月08日 20:02
    • マイクロFTにシフトするのは時代の流れでしょうね・・・
      私は最近は、マイクロFTとキヤノン機(6Dと7D2)が半々ぐらいの使用頻度になっていますが、レフ機のほうが官能に訴えるものはあります。
      オリンパスももう一歩、シャッター音にこだわって欲しいものです。

      あ、梅にメジロという定番を撮ってきましたので、拙ブログをご覧いただければ幸いです。
    • 時計好き's comment
    • 2015年03月08日 22:33
    • 模糊さん今晩は。
      そうですね〜まぁ仕方のないことなんでしょうかねぇ。
      キヤノンやニコンもフルサイズのミラーレスを云々言う時代ですし・・・
      でもこの2社は存在的にレフ機をなくすことはできないと思いますのでまぁ安泰でしょう(^^ゞ

      シャッターの音、M5IIは聞いたことないんですけどM1のはそれなりに好きですよ。
      逆にフォーサーズ機のシャッター音はE-1以外好きじゃないです。
      D750もカキーンてちょっと高めであまり好きではないです。

      これからおじゃましまーす。
    • MOTO's comment
    • 2015年03月10日 22:21
    • かく言う私も、GRは入れても、E-5は残ってる(←まだかいっ)ますんで
      ま、カメラとウクレレは増えると申しますし。

      MZD60mmマクロですが、正直、ヘタなワタクシにはイマイチです。
      (MFTのパナライカ45mmはどうなんでしょ?)
      フォーカスリミッターの、マクロ側の使い方が良く分かりません。
      マクロ側に思いきりフォーカスを振ってくれても、AFしちゃうと、結局意味なし。
      じゃあ、自分が動くのかな?と意味不明です。(ほとんど説明なし)


      写りも・・・(時計好きさん、手放しちゃったのかあ)50mm神マクロには
      正直、買った事がない気が・・・たしかにMFTで50mmマクロは激遅AFですが。

      先日、カミさんが送別会で花束を貰って来たけど
      適当な蛍光灯下のWB適当な状況では、あのレンズ、全然威力がでません。
      F2.8も中途半端だし(と自分を棚の上にあげてから、酷評)

      40-150mmPROは、よく頑張っていると思いますが
      12-40mmPROが果たして、12-60mmSWDの代わりになるかと聞かれると
      うまく答えられず・・・。
      結局、私の判定基準は、E-30(12Mセンサー)+FTレンズが基準なんですよねえ。
      (写欲とかのフラシーボ効果なのかもしれませんが)

      なんか、変な書き込みになってしまいました。
      でも、MFTでも、激うまに写真とる方がいるから、やはり腕なのかと反省。
    • MOTO's comment
    • 2015年03月10日 23:48
    • あ、「勝った」ですね。変換ミス、ご容赦を。
    • 時計好き's comment
    • 2015年03月11日 00:08
    • MOTOさん今晩は。
      >カメラとウクレレは増えると申します
      えっ。そんな風に言うんだ(笑)
      いや増えますけどね(^^ゞ

      マクロ特にこれが欲しいっていうのは実はあまり無く、最近ちょろちょろ書いてますようにしいて言えばテーブルフォトにも使いやすい30mmのパナが気になってます。
      ただねぇ・・・贅沢な悩みなんでしょうけど、あちこちから単が出てますでしょ?
      30mmもウチではシグマとどん被りですし。

      MZD6028なんですが、まだなんやかや言えるほど使えてないんですけど、AF周辺に関してはほぼほぼ同じように思います。
      等倍スイッチの動作は仰るようにわけがわからないですね。
      0.19-0.4mのその先にあるスイッチのクセに、距離計の目盛りいっぱいいっぱいを行ったり来たりするのってどういう意味?と思います。

      しかもぼんやり被写体見えてるのにそこからまたウォブリングするという。
      これじゃあウチの奥さんもストレス感じるはずですよ(>_<)

      5020の方は、買った当初の思い出が美化されているのかも?とか思ったんですけど、M1で使い出してからやけにパープルフリンジが目立つようになった気がしてまして、MFTとは相性悪いんかなと思ってました。
      あとまぁ・・・やっぱり今更3桁機やE-1でマクロを積極的につかう気には成れませんし、E-5やE-3を買い戻すなんてこともありえないだろうしと考えると、タイミングなのかナァ・・・とか。

      文字数制限に引っかかり→
    • 時計好き's comment
    • 2015年03月11日 00:09
    • 続きました→

      12-40と12-60の間には歴然と使い勝手に差があると思うんですよ。
      これが仮に12-100mmと12-120mmの差であれば許容します。
      でも40mmはねぇ・・・

      オリンパスは他社フルサイズとの比較をよく引き合いに出すんですが、確かに24-70mm/2.8っていうのはフルサイズだとひとつの基準ですけど、24-120(105)/4てのも併売されてるんですよね。
      12-50mmEZも確かにありますけど、いっちゃあなんですがキットレンズですからねぇ。

      でも逆に、MZD12-60mm出されたらそれこそ行かない理由を探せなくなってしまうという二律背反(苦笑)

      あとですね、
      >私の判定基準は、E-30(12Mセンサー)+FTレンズ
      これはホントそうなんだろうなと僕が見ても思いますよ(^^ゞ
    • MOTO's comment
    • 2015年03月12日 00:31
    • ウクレレ弾きは、だいたい数本所有のパターンですw(ギター弾きもですかね?)
      カメラだって、そうですよね。趣味というか道具とはそういうモノなのかも(笑)。

      桜の時期とか、MZD6028とZD50マクロとかどうしても、比べる機会になりますが
      MZD6028で会心の一撃が出た事が、記憶になし(←たぶん私の腕のせい)
      MZDで12-60は出ない・・・と思ってます(希望かも)。
      しかし、40mmテレ端はね、使い勝手で言えば、足りないです。
      12-60SWDで慣れた画角だと、余計に「後20mm足りん」と思います。

      >これはホントそうなんだろうなと僕が見ても思いますよ(^^ゞ
      あは、やはりそう思われてますか(^^ゞ
      5年前のハワイの時の「何を撮っても、満足」感は、ちょっと近年味わってないんですよね。
      もう、懐古主義なのか、写欲ボルテージの所為なのか、自分の中の問題なのかも。
    • MOTO's comment
    • 2015年03月12日 00:36
    • あ、おまけ。
      最初の写真の黄色いストラップって、革のですよね?
      私は、E-510、E-30から現E-5に至るまで、白いのをまだ使ってます。
      手にぐるぐる巻くのに、しなやかで良いです。
      E-M1は、アルチザンの革+布製のを使ってますけど、イマイチ。
      (このオリのストラップ、まだ同じモノがあるのかしら。製造国が変わってると感じが違うかな?)
    • 時計好き's comment
    • 2015年03月12日 17:01
    • MOTOさん今晩は。
      >趣味というか道具とはそういうモノ

      う〜ん。そう思います(^^ゞ
      心を動かされる分野だから色んな切り口で見てみたいって思うものなんでしょうか?

      5020と6028の差はそれほど感じるんですね。
      10mmと1段の差でだけではないと。
      まぁでも、ガラスの量見てもずいぶん違いますもんね。

      それにあれ(5020)は『オリンパスは気が狂ったのかといわれるほどの決意をもって(http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0624/olympus.htm)作られた』レンズなので比較対象と違いますよ・・・たぶん(^^;

      じゃE-30の頃はそれがあったのか?って言われると微妙ではありますが、分水嶺には違いないですね。(色々言われるモデルだけどMOTOさんもでしょうけど、僕も好きでした)

      MFTでこそ、アートフィルターみたいな表現もありと思いますが、一眼レフに入れ込むにはちょっとまだ、早かった気がします。
      E-3の後に、まだやるべきことがあった的な意味合いで。

      E-30の格でE-620出てればもう少し違った画図になってたのかな・・・
      この辺、D610とD750も同じような構図で興味深いのですけど。
      話がずれちゃいましたね。
    • 時計好き's comment
    • 2015年03月12日 17:09
    • おまけへのお返事です。

      そう。E-30の全プレ?で貰ったやつです。
      http://www.olympus.co.jp/jp/news/2008b/nr081105ecanj.jsp

      数年前のフォトフェスタか感謝祭で配ってたこともありましたし、赤いのも貰っとけば良かったです。
      白いのも同じ作りのやつですか?裏側がバックスキン調のやつなんですけど。
      多分、芯材みたいのがないのでくったりしてるんだと思うんですが、仰るように手に巻きつけるのに良いですね。

      最近のは裏地もついて、縫製とか仕上げに拘ってるんだろうと思うのですが、ちょっと硬いんですよね。
      必ずしも高級感=最高ではないと思います。
      MOTOさんのはこれですかね?
      http://www.olympus.co.jp/jp/news/2008a/nr080318ecanj.jsp

      現行品だとなんかこれが質感似てるような気がします。
      http://olympus-imaging.jp/product/dslr/accessory/strap/csss107ll_108ll.html
    • MOTO's comment
    • 2015年03月12日 21:56
    • >白いのも同じ作りのやつですか?裏側がバックスキン調のやつなんですけど。
      おお、それそれ。でも、たぶん自分で買いましたよ。赤もあったんですね。
      http://motospowerweb.p1.bindsite.jp/forblog/110709/110709-e5-009.jpg
      E-30とのお別れ写真↑ こうやってみると、手頃なサイズだったなあ(遠い目)

      E-M1につけてるのは、E-P2からのアルチのやつです。
      http://motospowerweb.p1.bindsite.jp/forblog/091230tcl/091230e30-004.jpg
      これが、硬いんです。

      M2pictさんにフォーカスリミットSWについて、ブログに解説して頂きました( ´ ▽ ` )ノ
      フィルム使いのマクロ使いの解説なので、勉強になりました。うちのサイトからリンクしてます。
    • 時計好き's comment
    • 2015年03月12日 22:31
    • 並べてあるとE-5でかいですね。中三郎に超五郎...て、もうエエわ(汗)
      アルチザンのは、斜め掛けの白(生なり)しかもってませんが、ただの綿(と思うのだけど)なので何か薄汚れてきたので使ってないんですよね。
      まぁ市販のレザーストラップてほぼほぼそんな感じ(硬い)ですねえ。

      M2さんのとこRSS購読してて、(MOTOさん宛でしたね(^^ゞ)やっぱうちなんかとは掘り下げ方が違うなって拝読しました。
      実はレンズキャップの件も何方か書かれてたなぁとググったらM2さんで、しかも使いにくいから買い換えた!で終わってなくて、オリジナルはオリジナルとして尊重されてて大人だなぁと(^^ゞ

      ちょっと今、試せないのだけど要は3段階の位置にフォーカス位置を移動するためのスイッチとして活用するってことなんでしょうか?

    • MOTO's comment
    • 2015年03月13日 00:07
    • これまでの、私の勝手な理解は「4段階」だったんですが、【3段階+「等倍」】なんですよね。
      認識が間違っていたというか、なんというか。
      一度、等倍マクロに振ってくれるSWだから故に
      あれだけワンショットで戻る仕組みなんでしょうね。
      ただ・・・ツマミ(つかみ所)がないから、あれ、まわすの難しくないですか(笑)?
    • 時計好き's comment
    • 2015年03月13日 20:08
    • MOTOさん今晩は。
      なんとなく・・・分かったようなわからないような・・・暗中模索?まだ薄皮がむけたくらいです。
      ただまぁ、切り替えるとフォーカススタート位置が変わるのは理解しました。
      ぱっと感覚で、スイッチの位置とフォーカス位置がピタッとくれば使いやすくなるんでしょう・・・ねぇ?(汗)
      す、すいません。やっぱりよくわかってないのかも???

      つまみ、回しにくいのは確かですね。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
オリンパスオンラインストア

オリンパス製品最安はOLYMPUS ONLINESHOP

JobuDesignジンバルヘッド
最近の投稿画像
  • プロテクター
  • プロテクター
  • 標準ズーム
  • 標準ズーム
  • 標準ズーム
  • 標準ズーム
  • 標準ズーム
  • 超広角
  • 超広角
筆者プロフィール
Archives
記事検索
Recent Comments



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
人気ブログランキングへ



  • ライブドアブログ