カメラそのものや撮影が好きな人が書いているブログですが、知識が豊富であるとか技術が秀逸と言うことは一切ありませんのでご了承願います。 近年は野鳥と戯れるのが好き。 更新・コメントへの返信などスローペースとなっていますのでご了承下さい。 オリンパス好きの跡地
DSC_2563
ルミナリエ、やってるな〜・・・とかほわっと思っていたのがつい先日。
だったのですけど、気づけば本日(12/15)最終日。

あー。今年は(も)縁がなかったねぇとスルーする手もあったのですけど、久しぶりに行ってみました。

今年は電車で出かけたのですがこれがまた超満員。
感覚的には山手線の一割まし(増しじゃなくて多少まし・・・の意)といったところです。

満員電車耐性のない大阪人ゆえ、到着前に青色吐息。

ルミナリエ自体は相変わらずの人出ではあるものの、駅からは比較的に流れておりました。
DSC_2516

今回行ってみようかなと思った理由のひとつは、近頃のイルミネーションは圧倒的にLEDが多いのですが、今回のルミナリエではLEDの色は冷たいと言う声を考慮して電球に変わったとのこと。
ちなみにソースは神戸新聞。

まぁこれに関しては、写真撮ってると感じるところでもありまして、どんだけ違うのかなと。
外は寒かったですが興味心に負けた形です。

DSC_2520

この辺り(大丸周辺)はルミナリエとは無関係な(?)装飾のためLED光源です。

ブランド店の並ぶ通りから公園へ抜けるメイン会場に到着。
DSC_2527

まともに70-200/2.8を使うのは初ですが、同じ200mmでも35mmだと広く撮れるな!とちょっと感動です。(まあ当たり前なんですけども)

しかしこの光の回廊、見せ場の一つかと思うのですが毎回撮る場所が少ないなぁという感じ。
撮るための場所なんかなくてもあちこちで大変なことになっているので、撮る場所なんか作ったらえらいことになるのは明白。ま仕方ないんですけどね。
それに大多数の撮らない人は目で楽しみながらざーっと流れていくわけです。
そんな中で立ち止まって撮るような無粋はできませんし、かといってVR無しレンズで歩きながら撮るとこれまた微ブレ連発と言う悪循環。

DSC_2537

どうしても隅の人いない場所へ避けて端から撮るもんで何だかな。という写真しか撮れません。

そして広場のメインとなる展示物
DSC_2552

ここまで、電球とLEDの違い、いまひとつわかんないな〜と思ってましたけど、ここにきてようやく実感。

それはですね、200mmでファインダー覗いてると、電球の熱が寒気に拡散する様子が立ち上がっているんですね〜
この熱気は電球だ!とか(笑)

それで肝心の写りの違いはどうなんや?
と、前と後のボケを撮っといて、持ち帰ってから比べてみました。

前ボケは光が強すぎず、いい感じになるなと実感しました。
語彙が貧困でうまく表現できませんが違うんです。
DSC_2567
このぼわっとしたぼけ方はLEDにはないかなと。

後(玉)ボケは・・・正直、思ったほどの違いはないような気がします。
気はしますけど、暖かいような気もします。色合いもあるんでしょうけど・・・
DSC_2569

まぁ結論的に、電球とLEDは明らかに違うと思います。
しかし写真撮らない人には無駄にしか思えないというのも・・・分かるような気はします。

写真撮りたい人がLEDを冷たいと感じるのはイルミネーション作る(企画する)側にも原因があるのでは?
なぜ青や白といった寒そうな色ばかり使うのでしょうか?
ただでさえ寒い季節に、見た目まで寒くしてどうすんの・・・って青や白のLEDイルミネーションを見ると思います。

何万個ものLEDを必要とする、大掛かりな電飾には色による値段的な問題もあるのかもしれないですが、それこそ安いからって、寒々しい色で寒さを盛り上げるような電飾はしないほうがましかなと思うのです。

たまたまかもしれませんし、偏見(汗)かもしれませんが、こういった集客設備に金をかけられる場所だと、青や白率が低いような気がします。
白でも寒色系じゃなくてちょっと色がついてるとか。

してみると青や寒色の白LEDのイルミネーションって予算の関係なのかな・・・と。
青色LEDは世紀の発明だと思いますが、何でもかんでもっていうのは私は違う気がします。
まぁ価値観や感覚の違いかもしれないのですが。

DSC_2579

神戸ルミナリエの場合は、大震災の記憶を永く後世に語り継いで行く行事であると共に、神戸の冬の集客観光促進事業の柱という位置づけなので、変わらない形で継続していくのも大事なことだと思いますし、来場者の声に応えようとする努力は素晴らしいと思うのです。

DSC_2592

疲れて広場に座ってるとちょうどイルミネーションの前で、いろんな人がいろんな形でルミナリエを楽しむ様子が目に入り、面白いかなと思って影絵的に何枚か撮影。

DSC_2602

うむ。だいぶ口径食でてますね。
パナの大口径レンズは兎も角、ZDレンズではこういうのはあまりないんですけど、これだけボケてくれれば面白いです。
DSC_2620

DSC_2616

最後にLEDを見つけたので撮ってみました。
DSC_2632
やっぱりデジタルな感じ(中間調がないというか・・・)がしますね。
玉ボケにミジンコ状のうねうね(ZDだとグルグルに相当?)も見えますし。

まだこのレンズ(SP 70-200mm VC)の素性は分かってないんですけど、同じレンズで電球を撮ると、玉ボケにミジンコはいません。
DSC_2586
これも光源の特性なのかな?


ルミナリエには2010年に行った記録もありましたが驚くほど構図が同じで我ながら唖然としました。
まるで成長していない・・・orz

ちなみに、ルミナリエがLED化し始めたのは2011年の東日本大震災以降(これもソースは神戸新聞)とのことですので、リンク先の2010年も電球のはずです。
フォーサーズとNikon FXの画の違い程度はあると思います(^^;

Comments

    • MOTO's comment
    • 2014年12月16日 22:22
    • いや〜美しいじゃないですか。やっぱり電球ですよ!

      >このぼわっとしたぼけ方はLEDにはないかなと。
      同感ですし、青色はやめろ〜と言いたい。
      目黒川の青色の川面に映るLEDとかってニュースでやってたんですけど
      寒色を冬場に・・・なぜなんだろうと思います。

      時計好きさんがお書きになっていること、ほぼ同感なので
      これ以上のコメントなし。大阪エリアの方が、イベント上手なのかな?
    • 時計好き's comment
    • 2014年12月16日 23:03
    • MOTOさんこんばんは。
      書いてる内容、MOTOさんの記事をなぞってるだけなんで(笑)

      以前から青いLEDイルミネーションには何でなん?と思ってたんです。
      十中八九予算とえらい人の鶴の一声かな。

      やらないことよりやってる評価?
      やってる内容の評価をできる世の中になって欲しいものです...
      とかいって、青いLEDが好きでたまらん人が本当に好きでやってる可能性もあるんでしょうかね(笑)

      イルミネーションはやっぱり六本木周辺が一番バブリーで僕は好きです(笑)
    • MOTO's comment
    • 2014年12月17日 21:11
    • 青色系なら、ミッドタウンでしょうかね。
      気弱なチンピラに遠くから罵声をあびせられたから、もう行かないですけどね。
      最前列は押されまくるので、点灯じゃなくて転倒の危険が(遠い目)。

      静かで人のいなくて綺麗なライトアップなんて、ないですもんね(自爆)。
    • 時計好き's comment
    • 2014年12月17日 22:24
    • WILDSPEEDとか流行った当時、青い電気つけた車に乗った人、多かったですね。
      あれ以来青いLEDに偏見をもっているかもしれません(笑)

      ミッドタウン、六本木から近いんですよね?
      六本木いったらヒルズから動かないですよ。おのぼりさんですから(^^ゞ

      東京(に集う人も含め)の人たちは嫌でも譲り合わないとにっちもさっちもいかないことを悟った人たちと思ってますが、例外もいるんですね。
    • Hiro Clover's comment
    • 2014年12月17日 22:39
    • あったかい雰囲気が良いですね〜。
      今日はめちゃくちゃ寒かったですけど、癒されます。(^_^)
      電球とLEDの違いは実際に見てないので判らないんですけど、
      この温かい感じが電球でしか出せないのなら考えちゃいますね。(^_^;)

      タムロンの70-200mmF2.8VCは良さそうですね〜。
      DxOMarkスコアではニコンのVRIIを上回ってますし、、、。
      AFやブレ補正などはどんな感じでしょうか?
      いや、F2.8の望遠ズームの買い替えで迷われてる方がいらっしゃったので、
      感想などお聞きできたらと思いまして。(^_^;)
      (その方はタムロンのVC無しを使っていて、ブレなどを気にされてます)
    • 模糊's comment
    • 2014年12月18日 19:55
    • いやあ、これが電球色!
      素敵なお写真に惚れ惚れしました。
      「電球の熱が寒気に拡散する様子が立ち上がっているんですね〜」というコメントに、なるほどザ・ワールドです。

      ところで、本日は写真展にご来場いただき、ありがとうございました。
      昼食を御一緒できて、いろいろ会話が弾んで、めちゃ楽しかったです。
      さらには、写真展の撤収作業まで手伝っていただき、深く御礼申し上げます。

      今後ともどうぞよろしくお願いします。
      とりあえず御礼まで。
    • 時計好き's comment
    • 2014年12月19日 13:35
    • Hiroさんこんにちは。
      この数日、寒い日はとことん寒いですよね!
      風邪ひかないようにご自愛ください。

      LEDと電球の違いは、なんか違うんですけどそのなんかを上手に表現できないのです。
      LEDでも明るさの強弱はつけられるみたいなので、もしかすると弱めの電球色のLEDだったら気付かない可能性もあるのかな・・・
      通常イルミネーションで使われているような、定格出力の(?)LEDはやはり指向性が強すぎるように思います。
      綺麗に全部がこっち向いてるわけじゃないので、ところどころギラついたようなイメージになるのかなぁと。

      今思い出すと、この日はいうほど寒く感じなかったのは、電球の熱のおかげなんでしょうか(笑)

      タムロンですが、僕も70-200はこのレンズしか使ったことないので参考にはならないような気がします。
      純正VR、純正のF4VRが選定時のライバルでした(VR2は値段的に無理)が、DxOが全てじゃないと思いつつもやはりかなり気にしました(^^;

      選ぶにいたった大きな理由はやはりf2.8だというのと、画角移動が少ないような感じだったこと、あとボケが柔らかい(様な気がした)からですね〜
      でもAFの正確さなどは純正に分があると思うので、今でもF4VRは気にしてます(汗)
      思ったほどブレが出ていないので、VCは良く効いてると思います。
      ただ、電池減りは激しいような気がしました。

      気がする・気がしたばっかで申し訳ないです(^^;
    • 時計好き's comment
    • 2014年12月19日 13:42
    • 模糊さんこんにちは。
      昨日は楽しいひと時を有難うございました<m(__)m>

      Hiroさんへのコメントにも書きましたが、寒いはずなのにそれほど寒さは感じなかったので、電球の発熱量ってすごいのかも?視覚効果もあるかもしれないですけど・・・
      200mmの圧縮効果もあると思いますが、オーバーでなく車のラジエターから陽炎が上がるくらいには見えましたよ。

      写真展は前日のブログに、寒さで来場者が・・・と書かれていたのを拝見して、あ。そういえばやってるんだと思い出した次第です。(謝)
      もっとも、覚えていたとしてもあの寒い風のなかではお邪魔できなかったと思いますが(^^ゞ

      okujiraさんのお写真に感じるところもありましたし、当分40-150禁で(笑)
      次回は模糊さんの次期望遠レンズシェイクダウン(おっさん会?)に期待してます。

      あ。暖かくなってからで・・・(笑)

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
オリンパスオンラインストア

オリンパス製品最安はOLYMPUS ONLINESHOP

JobuDesignジンバルヘッド
最近の投稿画像
  • 師走
  • 師走
  • 師走
  • 師走
  • 師走
  • 師走
  • 師走
  • 師走
  • 師走
筆者プロフィール
Archives
記事検索
Recent Comments



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
人気ブログランキングへ



  • ライブドアブログ