カメラそのものや撮影が好きな人が書いているブログですが、知識が豊富であるとか技術が秀逸と言うことは一切ありませんのでご了承願います。 近年は野鳥と戯れるのが好き。 更新・コメントへの返信などスローペースとなっていますのでご了承下さい。 オリンパス好きの跡地
PA220024
羽田へ行った際に、タイミングよくJALの工場見学ツアーに参加することができました。
工場内の写真は場合により公開できないケースもあるためJALにて確認を受けての掲載です。

1枚目はアーカイブズエリアに展示されているDC9-81型機のコクピットとのこと。
こういう感じ、子供の頃に憧れましたね〜(^^


航空教室で羽田空港や航空機の雑学を学んだ後、メインの格納庫見学へと。
PA220054

格納庫内はとても広い。

飛行機は便利ですね〜
この飛行機なんだっけ?と思ったらすぐ調べられます。

が、コメントでご指摘頂き機体番号と便名をごっちゃに認識していたようなので訂正しました。
訂正部分は黄色のアミカケになっております<m(__)m>

JA302J・・・Boeing 737-800 のようです。
PA220121

こちらはJA308JでBoeing 737-800
PA220100

横から
PA220088

うしろから。
PA220067

ちなみに解説の方の説明によると、ジェットエンジンの下側が平らになっている理由は、737の足が短いため、着陸時に滑走路と接触しないようになっているのだとか。
なるほどね〜
PA220119

JA828Jで787 Dreamlinerもありましたよ〜
JALの787は伊丹に来ないので新鮮ですね〜
PA220083

係りの方の説明によるとエンジン後部のギザギザは騒音抑止に効果があるそうです。
PA220096

格納庫から着陸機を眺めることも出来ました。
ちなみに75mm/1.8でシーンモードの流し撮りを使ってみましたが、雨降ってる(低コントラスト?)からなのかピントが合わずうまく撮れませんでした。

PA220063

と言うわけでJAL工場見学ツアーでした。
ここでは書いてませんが、売店ではここだけで買えるJALグッズなどもあるようで、マニアには嬉しい場所なのでしょうね〜

しかし14-42mmEZの光芒はやっぱり変な形ですね。

Comments

    • s's comment
    • 2014年10月26日 11:10
    • 壮観ですね。見学ツアー、羨ましいです。

      ところで、機体番号と便名は別なんですよね。
      各機体は便で固定されてる訳ではなくて、
      運行によりあちこちに。
      http://flyteam.jp/registration/JA328J

      略すと同じような3桁で分かりにくいですが。
    • 時計好き's comment
    • 2014年10月26日 11:44
    • sさんこんにちは。コメント有難うございます。

      機体名と機種名は別なんですね!
      記事書きしながら多分、828と書いてあるのが787だと思うのですけど、これで調べると成田-大連の767と出るので、おかしいなーこれじゃないのかなー?と思いながら書いていたのです(^^;

      便の部分はさっそくに訂正したいと思います。
      ご教示有難うございます。

      この、前タイヤのカバー部分や機体に書いてある数字は「機体記号(レジ)」であっているのでしょうか?
      そして機体記号(レジ)と型式は固定なのでしょうか?
      もし良かったら教えてください<m(__)m>
    • 二羽's comment
    • 2014年10月28日 00:02
    • 時計好きさん、こんばんわ。
      整備工場見学ですね!
      いいですね〜、飛行機間近に見るとあらためて迫力ありますよね。
      ガイドブックとかには土日はいつも数ヶ月先まで予約いっぱいってあったと思うんですけど
      前もって予約されたんですか?
      レアらしいグッズも買ったんですか〜?(・◇・)?

    • 時計好き's comment
    • 2014年10月29日 00:04
    • 二羽さん今晩は。
      半月ほど前でしょうか。
      ANAは一杯だったのですがJALは空きがありました。
      前後数日も空いてましたので、キャンセルがあったのでしょうかね。
      グッズ売り場は男心をくすぐるような品が無かったのでなにもかいませんでした。

      では何であれば心くすぐられるか?
      ジェットエンジンのタービンブレードとか飛行機のパーツとかでしょうか(笑)
      それはそれで高くて買えないんですが(^^ゞ
    • s's comment
    • 2014年11月24日 01:15
    • 時計好きさん こんばんは。
      コメントして以来、こちらの記事を見失っておりました。
      お返事できずすみません。

      日本の機体記号(レジ)について。
      http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%9F%E4%BD%93%E8%A8%98%E5%8F%B7#.E6.97.A5.E6.9C.AC
      英語だとaircraft registration ですが、日本語だと機体記号とか機体番号、略して機番とも呼ばれていますね。よく例えられるように、自動車のナンバープレートのようなものです。登録(regist)された番号であるところも似ていて。

      機体記号は所有する航空会社が変わった(会社統合や機体売却など)時に変更されることがあるのですが、製造時のまま変わらない、シリアルナンバーのような製造番号というのもあります。
      http://flyteam.jp/registration/JA308J

      日本の機体記号では頭文字"JA"なのは共通で、
      JALでいえば JA8977 のように4桁数字か、
      JA308J のように 3桁数字+J(おそらくJALのJ)。
      そのほか、JA007D など例外あり...というパターンです。

      他方のANAは、
      JA56AN や JA606A というようなパターンですね。
      http://flyteam.jp/airline/ana/aircrafts/current

      新参の航空会社ほど、既存の機体記号以外を選ぶことになるので、法則性は見出しにくいかもしれませんね。

      それで、機体記号をどこに記すか?は、世界共通のルールは無いかもしれませんが、少なくともJALの機体では、前輪カバー、右翼、それと尾翼の手前の左側面にはありますね。JALだと前輪カバーのは識別可能な3桁にしているようです。


      http://www.flightradar24.com/
      Flightrader24でラベル表示を追加したりフィルタしたりしながら見たりすると、なかなか楽しいですよ。歯車アイコンから設定で変えられます。
    • 時計好き's comment
    • 2014年11月25日 12:47
    • sさん、様々な情報ご教示有難うございます<m(__)m>
      機体記号(レジ)=ナンバープレート
      製造番号=シリアルナンバー
      こちらの説明でよく理解できました。

      機体表面に表示されているのはレジのほうなのですね。
      表示の規則(表示箇所)が決まっていないというのは変なものだなぁと思いますが、私が行くことの多い伊丹ではJAL/ANAとその子会社(?)だけなので、問題ありません。

      前輪カバー表示が完全なレジではないことが分かりましたので今後は混乱しなくてすみそうです(笑)
      Flightrader24おもしろいですね。
      いかに日本の上空をたくさんの飛行機が飛んでいるのかわかります。
      ・・・と思いましたがアメリカの空を見たら桁が違って笑ってしまいました(^^ゞ

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
オリンパスオンラインストア

オリンパス製品最安はOLYMPUS ONLINESHOP

JobuDesignジンバルヘッド
最近の投稿画像
  • ようやく秋
  • ようやく秋
  • ようやく秋
  • 腹っ腹っ
  • 腹っ腹っ
  • 腹っ腹っ
  • 腹っ腹っ
  • 腹っ腹っ
  • 腹っ腹っ
プロフィール

時計好き

写真好きの時計好きです。
デジタル一眼レフを愛用しています。
下手の横好きを実践しています。

時計好きというHNは機械式時計に憧れていた当時につけたものです。
憧れはRef.1016です。(詳しいわけではありません(^^;)

無意味なTBはきりがないのでIP遮断とさせて頂いております。
巻き添え等と思われる場合は対応しますのでメールにてお知らせください。

メール
Archives
記事検索
Recent Comments
  • ライブドアブログ