カメラそのものや撮影が好きな人が書いているブログですが、知識が豊富であるとか技術が秀逸と言うことは一切ありませんのでご了承願います。 近年は野鳥と戯れるのが好き。 更新・コメントへの返信などスローペースとなっていますのでご了承下さい。 オリンパス好きの跡地
P1238350
私の記事を見て、ジンバル雲台を検討されてる方もいらっしゃるようなので、あくまで主観で書いてみたいと思います。
三脚に関しては似た感じの記事を前にも書いてますが、今回はジンバル雲台との組み合わせと言うことで。

■まとめ的な
いきなりですが結論として、BORG+ミラーレス程度の軽量システムであれば、三脚は好みで選んで差支えないと思います。(積載重量に余裕を持った選択とエレベータ無しでアイレベル確保っていうのは三脚選びの基本として)

大で小を兼ねつつなるべく軽く・・・と考えれば、体力的に許容できる重量範囲内で一番背の高い三脚+Jr3という選択はBESTに近いと思います。

私の場合、広い公園で探鳥の場合645+Jr3の軽さは魅力的です。
バックパックに収めようとすれば収まるサイズですし。

じゃあ軽い三脚で良いじゃねえかと思われるでしょうが、超えられない壁もあるのです。
_________________________

前後しますが私の機材紹介です。

■ジンバル雲台
左が中型のHD2(1世代前モデル。最新型はHD3)右が小型のJr3
どちらも本来は、スイングアームが付属しているのですけど、取り外して軽量化してます。
P1238384
スイングアームを使う方式をトップマウント、上図のように直接クイックリリースを取り付ける方式をサイドマウントとジョブデザインでは呼んでいます。
ジンバル単体でもHD2は884gとかなり重いです。
対してJr.3は単体で595gとかなり軽量。

殆どの人と同じく、私もジンバル=重いと思ってましたが、ついでに計ってみると実はエルカル645標準の3way雲台PHD-61Qは757gもあるという、ちょっとビックリな結果。
※PHD-61Qは3wayとしては大き目の部類だと思います。
※いずれも台所用秤で計量してますので誤差はあるでしょう。
_________________________

■三脚
ほぼ3年前に導入したジョブデザインの中型ジンバルHD2と組み合わせる三脚は、高さも耐荷重もオーバースペックかつ、重くて長いネオカル830。

Neo Carmagne 830
全高EV有2000mm
全高EV無1780mm
EVスライド220mm
最低高350mm
縮長813mm
脚径/段数36mm3段
質量3050g
推奨積載9kg
雲台取付ネジUNC3/8(太ネジ)

この三脚+HD2ジンバルは…まぁ重たいですよ(汗)
でも、高さがあります。強度もあります。ふらつきません。
脚伸ばす手間を惜しんでエレベーター上げてもあまり気になりません。
ついでに3段+リングナット(回して固定)なので設置も早いです。
_________________________

最近導入したJobuDesignの小型ジンバル雲台Jr.3の方は、以前使っていた中型?三脚のエルカル645と組み合わせて軽快に持ち運べる仕様です。

El Carmagne 645
全高EV有1710mm
全高EV無1380mm
EVスライド330mm
最低高245mm
縮長585mm
脚径/段数28mm4段
質量2340g
(3way雲台PHD-61Q込)
推奨積載4kg
雲台取付ネジUNC1/4・UNC3/8両対応
P1238388
↑これが大事。Jr3は3/8のネジ仕様です。
細ネジにかぶせるアダプターはメーカー非推奨となります。
645は両ネジになっているので条件クリアです。(他の製品も同じかどうかは分かりませんので確認してくださいね)
_________________________

■三脚+雲台の重さは?
830+HD2のがっしりシステムは約4.2kg
645+Jr3の軽快システムは約2.1kg

先に書いた通り軽快システムにおいては、純正の3way雲台PHD-61Qを付けた状態(2.3kg)より、Jr3(スイングアームレス)を付けた状態の方が軽いと言う驚きの結果(^^;

P1238353
目いっぱいに上げると高さが全く違う2台。
でもこれくらい違うと逆に目的別に使い分けができて良いと思います。


多くの人は小さめの三脚から何台か買い替えを経て、結局大型三脚に手を出すという三脚沼につかまっているようです。
そう考えれば、最初からしっかりしたものを・・・という方が無駄がないかもしれません。
ただ、大きい=重いですから、選ぶにあたっては十分検討された方が良いとも思います。

アイレベルでも、鳥との距離が取れる場合や、自分の身長×1.5倍以内の高さで見られる鳥(たとえばヒタキやカワセミ、地面を歩くアオジ等)だとそれほど不満はありません。

それ以上の高さや、樹の上に居る鳥(たとえばアオバズク)の場合はやはり三脚自体の高さがあった方が体勢が楽です。
まぁアオバズクなんかは動きませんので、エレベータ上げて、リモートレリーズ使うのも手でしょう。
_________________________

■BORG+カメラの重さ

P1238366

BORG77EDIIにドロチューブ+マイクロフォーカス仕様で、E-M5+純正追加グリップ(1段目のみ)で合計2.9kg
P1238369

bodyをE-5に変更すると3.2kgです。
思ったより違わないような、300gの差は大きいような。
※重さはいずれも体重計測定です。たぶん100g以下切捨て。

現在のシステムならどっちの組み合わせでも、積載量には十分な余裕があり、安心して使えています。
サンニッパなんかを導入したらちょっと厳しいですが、たぶん買えないので問題ないですね・・・

あと以前ビデオ雲台かな?使ってられる方に「ジンバルは上の方とか撮れないでしょう?」と聞かれたのですが・・・そんなことないです。
P1238363
上へ〜
下へ〜
P1238364
こんだけ動けば十分でしょ?(^^
_________________________

■アドバイス?的な
お城で645だと、ほんの少し高さが足りずエレベーターを使うことが多かったですが、野鳥園では645で十分ですし、私の場合はそういった使い分けです。

脚の固定方式ですが、最初はレバー式の方が設置が楽で確実と思いました。
P1238356

しかし使い続けるうちにリングナット式の方が使い易いと感じました。
P1238355

確実性はレバーが上だと今でも思いますけど、操作性を加味すると総合的にはリングナットの方が便利と思います。

3段?4段?
これはどういう運用するかにつきます。
車に積んでドアtoドアの撮影なら3段で問題ないと思いますけど、公共交通機関も使うならやはり4段かなぁ。
P1238395
↑はジンバルを入れ替えてます(645+HD2、830+Jr3)がそれでも三脚の大きさの違いが良くわかります。

設置は3段の方が楽ですけど、微調整は結局どちらでも手間は手間なので…
4段だったらジンバル外して大き目のバックパックに放り込んで出かけることもできると思いますし、家で保管するにも随分楽です。
P1238359
携行性の代償として、高さの面では645はエレベーター使っても830には敵いません。

逆に、830は1段だけ伸ばせば645と同じ高さになってしまうのです。
これは4段には越えがたい壁かなと感じます。
何しろ1本だけ伸ばせばとりあえず使える高さになりますので。
P1238360
※この画像では830についてるHD3の高さもあってですから、Jr3を載せた状態だともう少し背は低くなります。

830はエレベーターを伸ばしてもさほど気になりませんが、645はエレベーターを伸ばすと、許容範囲の機材重量であってもかなり振動します。
これはエレベーターの方式(830はスクリューギア式、645は一般的なネジ締め込み式)や、パイプ径の差(36mmvs28mm)が如実に表れた結果と思います。

いずれにしろ三脚使ってるのにブレてるようじゃ本末転倒ですので、微調整に使うに留めるべきで、全伸ばしは無しと思います。

私は普段、三脚とジンバルは車に積みっぱなしですので、この記事を書きながら830にJr3がデフォルトかなと思いはじめています。
P1238393

多少の参考になるかと書いてみましたけど・・・
当たり前のことだけになってしまいました。
何もまとめにならずすいませんです<m(__)m>

1/24色々追記&修正

Comments

    • Hiro Clover's comment
    • 2013年01月24日 16:04
    • 三脚+雲台を考えていたので、大変参考になりました。m(_ _)m
      お城へは自転車で行ってるので、三キロオーバーの三脚は無理ですけど、
      2キロちょいで耐荷重8キロぐらいのがちょうど良いのかなあと思ってます。
      雲台は、時計好きさんのブログを拝見して、
      ジンバルもかなり良さそうだなぁと思ってたんですが、
      意外と軽いってのもポイント高いですね。

      ずっと気になってたんですけど、
      マイクロフォーカス接眼部はやっぱり使いやすいでしょうか?
      欲しいんですけど、結構高いってのが辛いです。(^_^;)
    • 時計好き's comment
    • 2013年01月24日 18:35
    • Hiroさんこんばんは。
      自転車で通ってらしてるんですね(^^
      そうすると、4段とかにした方が合ってると思います。
      段数が多いほど、下の方は細い脚になってきますので、なるべく脚のパイプ径が太いものを選ばれてはと思います。

      ジンバルが意外に軽いなっていうのちょっとはびっくりですね。
      バランス雲台とか、オイルフリュード系の雲台は概して重たいですね。
      大型ジンバルと変わらないくらい重いです。
      頭でっかちだとバランスが悪くなりますから軽い雲台をお勧めします。

      マイクロフォーカスは高いですねー
      私は正式版のマイクロフォーカスが出る前にテストで出したセット商品?を買ってますので、あまり気にしてませんが、これだけを単品で買うのは気合が必要だと思います(^^;
      逆に私はヘリコイド仕様を使ったことがなくて、比較はできませんけどマイクロフォーカスは微妙なピントの追い込みはやりやすいですよ。
      荒合わせ用のノブと微調整のノブがありますので。
      まぁ留まりもの向けには違いないです。

      唯一にして最大の欠点は重さだと思います。
      鳥装備でお会いできたら試してもらえるんですけどねー(笑)
    • 糢糊's comment
    • 2013年01月25日 15:15
    • 非常に詳しく解説していただき、ありがとうございます。
      私のため(?)にここまで書いていただいたのかと思うと、本当に頭が下がります(笑)
      深く御礼申し上げます。

      私の場合、BORGとカメラで2.6kg程度なので、おすすめのJr3のジンバルが最適なようですね。
      スイングアームレスでも自在に動かせますかね?
      ただ、三脚は現在持っているのが細ネジでした。
      うーん、残念、どうするかな・・・

      マイフィールドである近所の公園や巨大ため池の場合は、結構歩き回るので小型が希望ですが、南港やクルマでの撮影の場合は、大型でも良いので、非常に迷います。
      まあ、急がずゆっくり探してみます。
    • 時計好き's comment
    • 2013年01月25日 19:41
    • 糢糊さん今晩は。
      はい。糢糊さんの為に書きました・・・冗談です(笑)

      なんかこういったものを書きまとめるのは好きなんです。

      三脚、基本はあってもこうであらねばならない!っていうのはないと思いますから、ご自分が使い易いものを選ばれるのが一番だと思います。

      スイングアームが付いた状態は、ブランコと同じで水平に戻ろうとしますが、基本的にはどっちでも問題ないと思います。慣れはあると思いますけど。
      私は飛びモノ、あきらめてますので留まりモノを撮るのに便利なサイドマウントで使っております。
      この方が軽いですしね。

      そうそう、三脚といえばいつも出てくる店があったなと思いまして、探したらすぐ見つかりました。
      梅田フォトサービスさん。
      http://www6.ocn.ne.jp/~umeda-f/sankiyakutubo.html

      行ったことはありませんけど、価格の三脚板でも良く名前が出てます。
      一度相談されてみては?

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
オリンパスオンラインストア

オリンパス製品最安はOLYMPUS ONLINESHOP

JobuDesignジンバルヘッド
最近の投稿画像
  • ようやく秋
  • ようやく秋
  • ようやく秋
  • 腹っ腹っ
  • 腹っ腹っ
  • 腹っ腹っ
  • 腹っ腹っ
  • 腹っ腹っ
  • 腹っ腹っ
プロフィール

時計好き

写真好きの時計好きです。
デジタル一眼レフを愛用しています。
下手の横好きを実践しています。

時計好きというHNは機械式時計に憧れていた当時につけたものです。
憧れはRef.1016です。(詳しいわけではありません(^^;)

無意味なTBはきりがないのでIP遮断とさせて頂いております。
巻き添え等と思われる場合は対応しますのでメールにてお知らせください。

メール
Archives
記事検索
Recent Comments
  • ライブドアブログ