カメラそのものや撮影が好きな人が書いているブログですが、知識が豊富であるとか技術が秀逸と言うことは一切ありませんのでご了承願います。 近年は野鳥と戯れるのが好き。 更新・コメントへの返信などスローペースとなっていますのでご了承下さい。 オリンパス好きの跡地
P6173897
ヤマセミと出会えなかったので、もう一つくらいネタが欲しいと思い、安直に滝。

済浄坊の滝に行ってみることにしました。
全然知りませんでしたが、ここは東海自然歩道に含まれる場所のようです。
看板には済浄坊の滝まで500mほどの表示でしたので軽い気持ちで進みます。
P6173794
しかし・・・往けども往けども滝なんてないぞ(汗)
所々に小さな流れが出来ているのですが、まさかこれが滝じゃないよね?
心配になってもう戻ろうか?と思った頃、ようやくそれらしき場所に到着。(世の中の真理)

P6173836
そそり立つ岩壁に囲まれるように現れた済浄坊の滝。

P6173799
曽爾村のwebサイトによりますと・・・
済浄坊の滝(高さ27m幅6m)は昔、この滝に済浄坊という仏寺があって、修行者がこの滝で行水して身をきよめ、水煙大不動明王の霊を仰いだと伝えられて います。
とのこと。

P6173890

こういう場所に神様が祀ってあると自然と手を合わせる気持ちに。
やはりというか必然的にというか、神域にふさわしい静謐な空気が漂っているのです。

P6173821

P6173832

当たり前ですが水もとても綺麗。
沢に足を踏み入れての撮影もしたのですけど残念ながら雰囲気を伝えられるようなものはありませんでした。
最近まるで広角を使えない体になってしまった・・・

沢でオオルリが盛んに囀っていましたが50-200は車においてきてしまったのでどうにも出来ず。
縄張りから出てけーと怒られてたのではないでしょうか(^^;
P6173874

滝を堪能し、帰ろうかなと思ったんですけど、上からの景色も見たくなりもう一段上がってみることに。
滝の上から滝つぼを臨む。

ふと奥に眼をやるともう一つ滝が。
こちらは少し深くなった滝つぼが深い緑を湛えて何かいそうな雰囲気です(笑)
何って釣りキチ三平に出てくるような尺の主とか?
P6173853
でもやっぱり沢の中から撮ってみました(笑)
曽爾村のサイトに紹介されてる済浄坊の滝は最初の方の滝なので、更に奥のこの滝は何なんでしょうか?
・・・と思って調べてみたら、どちらも同じ済浄坊の滝で上の滝、下の滝と呼ばれているみたいです。

P6173868
東海自然歩道はまだ続いていましたが、目的の滝はここで終了。
ちゃんと終点を見届けたので安心して帰れました(^^

Comments

    • ぺすん's comment
    • 2010年06月20日 22:38
    • こんばんわ。
      滝・清流・水の流れといえば、時計好きさんという感じがします。
      運動不足解消のためにも、ハイキング&撮影にでも出かけたいところです。
      モデルさんばっかり撮ってちゃダメですね。(>_<)
    • 時計好き's comment
    • 2010年06月20日 23:30
    • もうすっかり広角も使えなくなった身に勿体無いお言葉です(笑)
      軽ハイキングシューズでも買わないとここは気軽に入っていけないですね。
      足元が石畳で怖かったですよ。
      水煙不動さまに御参りした効果か、転んで怪我とか、沢で滑って水没はありませんでしたけど。
      モデルさんと一緒にロケーションに出るという作戦には滝も良いかもです(^^

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
オリンパスオンラインストア

オリンパス製品最安はOLYMPUS ONLINESHOP

JobuDesignジンバルヘッド
最近の投稿画像
  • アオバヅク2019
  • アオバヅク2019
  • アオバヅク2019
  • アオバヅク2019
  • アオバヅク2019
  • アオバヅク2019
  • アオバヅク2019
  • アオバヅク2019
  • アオバヅク2019
プロフィール

時計好き

写真好きの時計好きです。
デジタル一眼レフを愛用しています。
下手の横好きを実践しています。

時計好きというHNは機械式時計に憧れていた当時につけたものです。
憧れはRef.1016です。(詳しいわけではありません(^^;)

無意味なTBはきりがないのでIP遮断とさせて頂いております。
巻き添え等と思われる場合は対応しますのでメールにてお知らせください。

メール
Archives
記事検索
Recent Comments
  • ライブドアブログ