カメラそのものや撮影が好きな人が書いているブログですが、知識が豊富であるとか技術が秀逸と言うことは一切ありませんのでご了承願います。 近年は野鳥と戯れるのが好き。 更新・コメントへの返信などスローペースとなっていますのでご了承下さい。 オリンパス好きの跡地
P6173773
久しぶりに風景撮影(と鳥も)に曽爾村周辺をうろうろしてきました。
頑張って5時出発です(笑)

ところが・・・
天理のPAで朝ご飯でも食べようかと思ったところで気がついた。

以下サザエさんのテーマにあわせてお送りします。
写真を撮ろうと曽爾まで♪
出かけたが〜♪
財布を忘れて〜♪
愉快〜な・・・全然愉快じゃないんですけどorz

いつも、小銭入れは持ってるので、今日使えるのは小銭だけ。
しかし数十円しか入ってません(−−;

心配性が服を着て歩いてるといわれる私は、小銭入れに千円札1〜3枚を入れてるんですが今日は1枚しか入ってない。

しかもまだ6時前なんですけど(^^;
やむなくおにぎり2個と水で朝食。
残金7百円ほど・・・・
暑くなりそうだけどいけるのか〜〜〜????(>_<)

不思議と、お金がないと思うと、食べてもお腹にたまりません。
ネガティブになりそうだったので頭を切り替えてお金のことは忘れるように。撮影を楽しむようにと意識したのです。

初夏の青々とした曽爾高原も良いものです。
P6171893

曽爾に来た理由の一つ、ホオアカを撮る・・・は無事完了。
P6171899

今日は晴れてはいたんですけど、1枚目の状態で分かるように湿気が多いみたいで、朝のうちは霧に包まれた曽爾村でした。
空の色も今ひとつ青が薄かったのでまたぞろかっこいいテイストに登場いただきました。
P6171907

鎧岳と思われます。
なんか悪そうな顔に見えるのですが(^^;
P6173789

こちらは青蓮寺湖。青蓮寺川沿いに廻り、景色を堪能です。
もう一つの目的(というより願望)だったヤマセミは見つかりませんでした。ちょっとがっかり。
P6173787

早朝の宇陀。
霧に包まれて雲海のようでした。
こちらもPIXテイストです。
P6173770

Comments

    • 北都's comment
    • 2010年06月17日 21:59
    • どれも良いですね〜 いかにも日本の夏っていう感じがします。
      1枚目は幻想的な感じ。4枚目は青空がキレイですし、最後の画像は絵に
      描いた様な感じですね。
    • かぷち's comment
    • 2010年06月17日 22:29
    • 早朝から曽爾の方に行かれるってすごいですね。Y(>_<、)Y
      でも、これだけきれいな景色と青い空撮れたらいいですよね。

      財布を持って行ってたら更に楽しめたんでしょうけど。。。

      ヤマセミ探しにいかれたんですか?
      今年は居ないのかも知れないですけど、宇治の天ヶ瀬ダムのとこで以前みかけましたよ。
       それとまた別件ですけど、寝屋川のアオバズク、今年も登場しましたよ〜。^^
    • 時計好き's comment
    • 2010年06月17日 22:38
    • 北都さん有難う御座います。
      もうすっかり夏ですね!
      日向に居ると暑くて暑くて(^^;
      鳥撮りの人たちがたくさんいましたけど、朝の2時間くらいで皆居なくなりました(笑)

      最近気がついたかっこいいテイストの使い方なんですが、露出オーバー目に撮ってからこのテイストをかけると、特に湿気の多いぼんやりした空や風景がキリッとするんです。
    • 時計好き's comment
    • 2010年06月17日 22:49
    • かぷちさん今晩は。
      久しぶりに予定して出かけたので、テンション上がったんでしょうね。
      前日、W杯見てて寝たのが1時過ぎだったのに4時過ぎに目覚めました(笑)
      しかし財布があれば、向こうで温泉に入って夕方までゆっくりしてから蛍撮って帰る予定だったんですよ・・・
      曽爾高原も二本ボソまで上がって撮りたかったのですが(−−;

      ヤマセミもそうですが、カワガラスとか色々撮れれば良いなと思ったましたが次回に持越しですね。
      天ヶ瀬ダムも頭に入れておきます。
      アオバズク、かぷちさんはもう撮られたんですか?
      羨ましゅう御座います。
    • かぷち's comment
    • 2010年06月17日 23:45
    • こんばんは。
      アオバズク、まだ撮ってません。^^
      子供が出てくる7月下旬頃を狙っていますんで。
      北摂の方はもう少し早くから狙いに行きますけどね。o(^▽^)o
    • Hiro Clover's comment
    • 2010年06月18日 00:17
    • こんばんは。
      これまた素晴らしい景色ですね〜って、、、財布忘れたんですか?(汗)
      でもこれだけの景色を目の前にしたら、そんなこと吹っ飛びますよね。

      それにしても、最後のお写真は幻想的で良いですね〜。(^_^)
    • 時計好き's comment
    • 2010年06月18日 07:40
    • かぷちさんおはよう御座います。
      てっぺんの方は、前回さわりだけだったので、時間を取ってちゃんとまわりたいと思ってます。(能勢黒牛で奥さんのご機嫌も取れますし(笑))
      ちなみに、50-200mmで十分そうな感じなんでしょうか?距離的には。
    • 時計好き's comment
    • 2010年06月18日 07:43
    • Hiroさん おはよう御座います。
      こういうだだっ広い草原の写真は大阪じゃ中々お目にかかれないので、撮ってて楽しいですね。
      何も内容でいて、地形に沿って微妙な陰影が出てて綺麗だなーって思います。
      言っても仕方ないんですが、お金さえあれば温泉で休憩してホタルを・・・
      多分昨日は数は少ないながらも、天候的にはBESTだったと思いますのでなお悔やまれます(>_<)
    • かぷち's comment
    • 2010年06月19日 00:07
    • こんばんは。
      50-200mmだけではちょっと厳しいと思いますね。
      広角側(12-60ぐらい)が一本は欲しいところだと思います。^^
      場所によりますけどね。
    • 時計好き's comment
    • 2010年06月20日 08:12
    • かぷちさん おはよう御座います。
      12-60mmってメチャ近いですね!
      都合がついたら是非行ってみたいです。
      昨日は曽爾へホタルリベンジ行ってきたんですが何か納得いかない結果に。
      やはり人間の目はすごいです。
    • かぷち's comment
    • 2010年06月20日 08:46
    • おはようございます。
      すいません、能勢全般を撮りに行くのかと勘違いしてました。^^;
      けやきのとこですね。
      基本的に50-200+テレコンでいいと思います。
      たま〜にひなが木の根元に落ちてる時があるみたいなんですけど、そんな時は12-60が必要ですね。^^
      (まだ遭遇したことはありませんけど。)

      ホタル撮りですか、かなり難しそうですね。この時期、行って見たいですけど、天候がいまいちの日が。。。^^;
    • 時計好き's comment
    • 2010年06月20日 11:06
    • かぷちさんこんにちは。
      アオバズクはやはりテレコンあった方が良いのですね。了解です。
      落巣雛については心情的に助けてやりたくなるのですがどこまで手を出して良いのか難しいところですよね〜
      そういえば先週ナイトスクープで、フクロウの雛の話がありましたね(^^;
      誘拐はともかく、ベランダからフクロウ観察できるなんて羨ましいです。

      蛍をまじめに撮ったの初めてなんですけど難しいですねーーー
      ピントリングずらしちゃうなんて初歩中の初歩のミスなんでしょうね(>_<)
      まだちょっと早かったみたいで蛍の数はあまり出ていませんでしたが、見物客は非常に多かったです。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
オリンパスオンラインストア

オリンパス製品最安はOLYMPUS ONLINESHOP

JobuDesignジンバルヘッド
最近の投稿画像
  • ようやく秋
  • ようやく秋
  • ようやく秋
  • 腹っ腹っ
  • 腹っ腹っ
  • 腹っ腹っ
  • 腹っ腹っ
  • 腹っ腹っ
  • 腹っ腹っ
プロフィール

時計好き

写真好きの時計好きです。
デジタル一眼レフを愛用しています。
下手の横好きを実践しています。

時計好きというHNは機械式時計に憧れていた当時につけたものです。
憧れはRef.1016です。(詳しいわけではありません(^^;)

無意味なTBはきりがないのでIP遮断とさせて頂いております。
巻き添え等と思われる場合は対応しますのでメールにてお知らせください。

メール
Archives
記事検索
Recent Comments
  • ライブドアブログ