カメラそのものや撮影が好きな人が書いているブログですが、知識が豊富であるとか技術が秀逸と言うことは一切ありませんのでご了承願います。 近年は野鳥と戯れるのが好き。 更新・コメントへの返信などスローペースとなっていますのでご了承下さい。 オリンパス好きの跡地
旅カメラ
Powered by PICS

初めて買ったデジタル一眼 OLYMPUS E-510 コンデジ(Panasonic FZ30)からのステップアップとして各社のデジイチを調べていたのですが、本格的な一眼には縁がないと思っていたので、全く予備知識なし(笑) とりあえずキャノン・ニコン・ペンタックスから選べば無難かなんて考えていました。 そんな折、そういえばコンデジ使っている時にオリンパスのレンズをほめてる人が多かったなと思い出し、調べてみるとまさにE-400、E-410が発表されもうすぐE-510ってのが出るらしいと知った。(確か2〜3週間後に発売ってところだった) 生意気にも(笑)FZ30というか、コンデジの画像に限界を感じていて、早くステップアップしたかったので、E-410をもうそこまで買いそうになっていたのだけど、雑誌で見た「これからは手ぶれ補正がなきゃ〜ダメだ」なんて言葉にぐらついて、発売日までの数週間、何度もキタムラへ足を運び410の前で悩んだものです。 そんな色々があって、逃げ道封鎖するためFZ30を下取りにして510を予約。 発売日には渡せるでしょうとの言葉を頼りに、悶々とした日々を送りました。 510を手にしてからは一眼の自由度との戦いの日々でした(苦笑) 慣れてくれば絞りやシャッター速度、レンズ交換の自由度がありがたいものの、コンデジ一本やりできた自分にとっては設定やできることが多すぎて完全に海の真ん中で迷子状態。 片や物欲を押さえきれずに、35mmMacro(暫く使って手放してしまいました)に加え8mmFisheyeなどを買って、それなりに楽しめるようになってきました。(楽しめているような気がしてただけカモ) そして前のブログに書いたように、510の画に精緻過ぎる色気のなさに、少し飽きて…飽き…とは違うな。 何か別の方向を求め始めたのでしょうね。 そしてE-1を購入し、次第に510よりE-1の稼働率が増えてきました。 やはりハイグレード以上のレンズは510には少し大きく、E-1につけてこそしっくりくるなぁと得心すると同時に、510ほど気軽に持ち出せないなぁという気持ちも少し出始めました。 何しろE-1単体でも重いのに、ハイグレードレンズやスーパーハイグレードレンズはいずれもヘビー級。 よし!行くぞ!って感じですね。 そんな日を送る中で、510・・・キットレンズとセットなら?と凄く久々にキットレンズ2本を持ち出してみたのですが、やっぱり軽い!それにレンズが多少暗くてもコイツには強力な手ぶれ補正がある! 1/4までなら歩留まりも悪くない。 改めて510の素性の良さを再確認した一日でした。 以下、510にWズームで撮影しました。 屋外に裸電球程度の暗い場所で。
Powered by PICS

動いてるエレベーターで
Powered by PICS

距離がある暗い場所も
Powered by PICS

イルミネーションも
Powered by PICS

これだけ暗い場所で、お世辞にも明るいとはいえないキットレンズ(でも、コストパフォーマンスはかなり高いレンズだと思います)で手持ちで安心して撮影できる機種もあまりないんじゃないでしょうか? やっぱりオリンパスは素晴らしい (´▽`)

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
オリンパスオンラインストア

オリンパス製品最安はOLYMPUS ONLINESHOP

JobuDesignジンバルヘッド
最近の投稿画像
  • 大阪の黄葉
  • 大阪の黄葉
  • 大阪の黄葉
  • 大阪の黄葉
  • 大阪の黄葉
  • くしがきの里
  • くしがきの里
  • くしがきの里
  • くしがきの里
筆者プロフィール
Archives
記事検索
Recent Comments



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
人気ブログランキングへ



  • ライブドアブログ